彼岸。

朝早く出ようと思っていたのだが、何だかんだで10時過ぎとなってしまった。
こりゃ、駐車場待ちになるなと思いながら、菩提寺に着くとアッサリと駐車場に入れた!?
あれ?と思ったのだが、帰りは10台ぐらいの待ち行列だったので、単にタイミングが良かったみたいだ!(^-^)V

本堂に付届けを納め、本家と自分家のお参りをする。
出来の悪い息子であることを詫び、見守ってくれることをお願いする。
未だ、親離れが出来ていないということか?。。。m(_ _;)m

そして、次は女房の実家の菩提寺へ。
道楽者の夫であることを詫び、微力ながら手助け頂くことをお願いする。
他力本願ということなのか?。。。m(_ _;)m

帰宅してから疑問に思ったのだが、母方の菩提寺にお参りしなくても良いものなのだろうか?
このようなしきたりを知らないので、閉口してしまう。
幸い、自分の場合はどの菩提寺も横浜市内にあり、何処も20分〜30分で着く距離だ。
だから、次回からは母方の菩提寺へもお参りをしようと決めた。

田舎が無い寂しさはあるが、各家の菩提寺が地元近所にある利便性を有り難く思う。

ということは、ご先祖様を手厚くお参りすることが、自分の宿命ということなのかも知れないな。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です