窃盗。

ブルーベリーのサプリが切れてしまっていた。

あれ?
いつも、切れる直前に送付されていたはず。
どうしたんだろう?

と、数日前に気付いたのだが。。。

昨日、管理人さんが来て、中身を抜き取られたブルーベリーサプリの箱が宅配ロッカーに入っていたと。
それも、自分家の隣の号室宛てに。。。

どうやら、郵便受けに入っていたものを、投函口から指と手を突っ込んで盗られたみたいだ。
そして、中身のサプリだけ抜いて、宅配ロッカーに投函されたらしい。(-_-メ)

子供の悪戯か?
中身が欲しいのだったら、中身を抜いて箱は捨て去ればいい。
でも、箱をわざわざ宅配ロッカーに投函している。
中身以外には振込用紙が入っているので、大切な物と思い宅配ロッカーに戻したのだろうか?
であれば、郵便受けに戻せば良いと思う。。。

う〜ん、ちょっと不可解だ。

大したものでもないので損失は問題では無いのだが、薄気味悪い。
管理人さんが気を利かせてくれて、防犯ビデオの閲覧許可を管理組合に申請してくれたらしい。
また、宅配ロッカーに投函されたのは深夜らしいとのこと。

そして、女房は交番へ行きお巡りさんを連れて来た。
状況を話し、被害届けは今回は出さずに、巡回の強化と次回の配達予定日に見回りをしてくれるとのこと。
ただ、次回も盗られたら、被害届を提出してもらって正式に捜査しましょうとのことで落ち着いた。

あと、以前の悪戯電話の件を伝えておいた。
郵便物の抜き取りなど今まで考えた(気付いた)ことが無かったのだが、郵便物を抜き取れば女房の名前を把握することは出来る。
自分が銃の所持者であり、以前その悪戯電話があった時に所持許可関連で生活安全課に出向いたついでに相談したことを伝えた。

先日の経験者講習でも話されていたが、銃砲所持許可を得ていることは、その身元保証においてどんなものよりも優れた保証であると。

だから、あえて銃所持者であることも伝えてみたのだが。。。_(^^;)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です