WBCフライ級タイトルマッチ。

帰宅して、直ぐにチャンネルを変えた。
ちょうど、12R開始前だった。

12Rまで試合が継続していたことに安堵し、双方のダメージを測る。
内藤の場合は、素顔から打たれたような顔付きのため判断が出来ない。
亀田大毅は、若干赤みがかっているが割と綺麗な顔をしている。
ヤバいか?内藤。。。

ゴングが鳴り、最終ラウンド。
パンチ力は、若さ故に亀田大毅が圧倒的だと思った。
だけど、クリーンヒットしない。
体力的にはキツそうな内藤だが、ジャブを的確打って踏み込ませない。
そして、クリンチングになった瞬間。

あっ!?
亀田大毅が内藤を投げ飛ばした!

とうとう本性が出ちゃたな。。。
子供じゃんか!?

自分の思うように物事が運ばず、苛立ちから投げ飛ばす。
それも繰り返し三度ぐらいも。(゜゜;)

スポーツじゃないよ、喧嘩じゃんか!?
終わったか、亀田家も。。。

案の定、3−0の大差で内藤が初防衛に成功した。
そして、国民の期待にちゃんと答えてくれた!(^-^)V
文字通り、溜飲が下がる思いだった。

18歳の少年が33歳の目上の大人に対して、「コイツ」、「アイツ」、「ゴキブリ」と呼称する。
そして、親も嗜めるどころか、煽り同調する。

格好悪いじゃんか、そんなの。。。
破天荒なスタイルを貫き通す根性は認めるけど、格好悪いよ。。。
相手を挑発するアクション(戦法/心理戦)だとしても、礼節は忘れちゃいけなくないかい?。。。

で、秘かに思っていたのだが、亀田大毅は負けたら本当に腹を切ろうとするのじゃないかと?
根性という言葉が当てはまるか判らないが、内に秘めたる想いは熱く、本当にやるのじゃないかと危惧していた。
そしたら、認めようと。。。

だが、、、

何それ?(・・?)

面白くなさそうに、裏を返せば今にも泣き出しそうな表情でスタスタとロッカールームに引き揚げてしまった。。。

嘘!?

正直、拍子抜けしてしまった。
ただ、亀田大毅は今後まだまだ伸びる選手だと思っている。
故に、破天荒なスタイルはそのままで、礼節に欠けた振舞いを正してくれれば好きになるタイプなんだけどなぁ。。。_(^^;)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です