不用品処分。

実家の不用品処分を業者さんに頼んで実施してもらった。
無論、大きい動産のみをお願いし、自分たちで運べる物は粗大ゴミとして処分した。

業者さんが引き上げたあと、見違えるように広くなった実家。
自分が3歳から27歳まで過ごした団地だ。
大きい動産が無くなった跡には、埃がうずたかく積もっていた。。。

オヤジがローンを組んで購入した3DKの公団団地。
昭和30年代の公団団地故に、作りはしっかりとしてタフな団地だった。
我が家として活躍したのは41年間。
そして、今月末をもって次の所有者に引き渡しを行う。

広くなった実家で、何とも言えない想いが湧き出て来る。
本当に売っちまって良いのか?と。。。

住人がいない住居を維持する余裕などは無いので売却するしかないのだが、やっぱり後ろ髪が引かれる想いだ。
でも、感傷に浸っている暇は無く、今月末までにまだまだ片付けなければならないものが沢山ある!?

頑張って、片付けないと!_(^^;)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です