聖火リレー。

テレビで長野の聖火リレーを観ていた。

中国側からの要請を拒否し、青い聖火防衛隊のメンバーはたった二人。
それ以外は、全て日本側の警察でのガード。

ヘリコプターからの画像で良く判ったのだが、ランナーをガードする警官たちが気持ち良いほど連携していたと思う。
訓練の賜物なのだろう。

リレーを見物する側から不評だと思うが、ランナーを厚く守る防壁の陣形を取り、その形を状況に応じて色んな形に変えていく。
長方形、菱形、楕円形、正方形、三角形などなど。
まるで、陣形が生き物のように動き変化していた。

日本において、ランナーと聖火が守り抜かれたことにホッとしている。_(^^;)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です