負けるが勝ちさ。

物事を丸く収める。。。

二者間以上の調整事。
報告を受けた段階で、感情的な側面も入り当事者間での打開は難しいと思った。

舐められたく無いし、もっと強気に行くべきと主張される。
つまり、当の本人は正しいと主張しているのだ。
自分も、その通りだと思う。
だけど、そもそもこんな問題で、なんでここまでの話しになるのかが自分には理解出来ないのだ!?

人脈と言うか、ヒューマンネットワークと言うか、そのような大切な事を軽視している気がしている。
会社規模で考えているとは思わないが、強行に討って出て下請けにやらせるのが当然という考え方。
舐められてたまるか!という感じだ。

当の本人曰く、自分は既に舐められているそうだ。。。(^。^;)

自分の場合、テクニカルな部分が弱いため、そのような部分を重要視する帰来がある。
それに力というものは、使い方を間違えるとエライ目に遭うことを経験した。
故に、力をかざしたり、安易に使うことは御法度だと思っている。
でも、それを使わなければならない時であれば、容赦無く使い倒すだろう。

目先のことを考え、その先を見ずに突き進む。
その目先の対応で強行策が成功したとして、その次があるのだろうか?
「肉を斬らせて骨を打つ!」という考えなど理解出来ないのだろうな。

まして、「負けるが勝ちよ!」ということなんて到底無理だろうなぁ。。。(-.-)y-.。o○

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です