送り火。

今日は、16日の野火。

帰宅後、玄関で素焼の焙烙にオガラを載せて焚いた。

去年も今回の迎え火の時もそうだが、あまりオガラが上手く燃えない。
今回もダメかなと思っていたが、盛大に燃えはしないのだが粛々と煙が上がった!?

細めに開けた玄関ドアから、煙が細く長くスーッと流れ出て行った。。。

おっ、親父とお袋がお墓に戻って行ったな!と実感出来る事象だった。(^^)

細く、長く、高く、流麗に。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です