… ing.

もう5〜6年も前のことだろうか?

とても大きなプロジェクトに従事していた頃。
肉体的にも、精神的にも、とてもハードな仕事だった。
そう、ちょうどその時に猟銃の所持許可を自分は得た。

そんな時代を一緒に乗り越えたパートナーの方から突然連絡をもらった。

「こんな景気の状況下で連絡するのも嫌だったのですが、
 それに気にしてたら連絡する機会を失ってしまうと思いました。
 で、たまには、軽く飲みませんか?」と。。。(^^)

そして、再会。

話しをしてみれば、一緒に従事した大規模プロジェクトが終わってから、色々と不遇な状況にあったことが窺える。
ただ、仕事の話しは抜きにしたいとのことなので、深入りすることはしなかったが。。。

口切りに入ったお店は、珍しくほぼ満席に近い盛況さだった。
いつもなら有り得ない事象なのだが!?(笑)

良い意味での喧噪さがあったのだが、ちょっと静かに飲みたかった。
そこで、何となく足が遠のいてしまったエリアへ行くことにした。
たかだか、通りを2〜3本隔てたエリア。
そして、かつてウィークエンドには、必ず訪れていたエリア。。。

また、確認したことが有ったのも事実。
昨年閉まってしまったお店が現在どうなっているのかを知りたかった。
そして、通りを渡った。

20090319230006

でも、昨年閉まってしまったお店は、そのどれもがシャッターが固く閉められたままだった。
借り手がつかないのだろうか?

そんなことを考えながら歩いていると。。。

やっぱり、見ぃ〜け!(^^)v

20090319234910

路地裏のこじんまりとした店舗。
明かりが点いているのだが、オープンに向けた準備中の様子。
中を伺えば、こちらに大きなケツを向けた男が、洗面台ボウルを抱えて右往左往していた。
アイツに違いない!
やっぱり、ここを借りたんだ。。。

コンビニで缶ビールとさきいかを買い込み、激励を兼ねた急襲を仕掛けた!(笑)

訊けば、来週にオープンさせるとのこと。
居抜きで借りたその中は、厨房機器は全てホシザキ製。
かなり、前の店主は力を入れていたのだろうな。。。

20090319232856

お酒も、オープンまでにもっと届くはずとのこと。

20090319232906

そして、ちゃんと約束は忘れていなかった。

「クラマトジュースは、既に冷蔵庫にストックしてありますから!」

と、そのボトルを掲げて見せてくれた。

ちょっと、嬉しい。。。(^^)/

扉の横は、全開にオープン出来るガラス扉。

20090319232918

全てを開け放ってテーブルを出せば、心地良いスタンディングスタイルで過ごせると思う。
 
 ・
 ・
 ・
 ・
 
旧知のパートナーも、酒を教えてくれたバーテンダーも、一瞬連絡が途絶えたとしてもそれぞれが現在進行形だったことが妙に嬉しい。

20090319234921

とても心地良い夜だった。。。(^^)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です