CARD.

一時期、そんなに使いもしないのに、クレジットカードを多く所有していたことがあった。
JCB,VISA,Diners,AMEX,NICOS,MASTER,,,
自分の信用度合いを計るとともにステータスみたいな感覚で、正直見栄を張っていたと思う。。。

当然、何枚ものカードがあっても全てを使うわけでなく、使用頻度が低いカードは年会費を払っているだけの状態。
いい加減無駄だろうと若気の至りに気付き、最低限の枚数にした。

だが、ここにきて、また枚数が増え始めてしまった!?(T-T)

純粋なJCBカードと銀行系のVISAカードだけに絞っていた。
JCBについては、自分が社会人になって初めて作ったカード。
だから、正直思い入れがある。
故に、他の提携先のロゴなどが入って欲しくはなく、純粋なJCBブランドのカードで保持していたかった。
VISAについては、国内外で一番利便性があると感じている
よって、JCBとVSAさえあれば、自分は全てのことが足りるものと思っていたのだが。。。

まず、東海道新幹線の予約にために、JR東海のEXPRESSカードを作った。
このカードはVISAにした。

次に、スーツを楽天でオーダーするので、ポイント稼ぎのために楽天カードを作った。
このカードもVISAにした。

また、航空機のビジネス切符予約のために、JALカードとANAカードを作った。
これまではクレジット機能が無い、普通のマイレージカードを使っていたのだが。。。

どうしても国内線はJALのクラスJを使いたいこと。
また、同行するメンバーはANA派が多いため、発着時間の調整都合や国際線ではANAが良いと思っているため、ふたつのエアラインカードを作った。
ここまで来ると、さすがにVISAフェチとなってしまうので、このふたつはJCBにした。

結局4枚のカードを作った。
楽天カードは年会費が無料だから良いのだが、他の3枚は初年度から次年度で年会費が発生してしまう!?(;-_-)
だから、今回作った4枚のカードは、全て年会費が安い一般カードにした。
そして、続々とカードが届き始めた。
だが、、、

やっぱり、なんか無駄の極みだと感じてしまう。
それぞれ必要性があって作ったのだが、何故同じブランドのカードを複数枚所有しなきゃならないのだろう?との疑問を感じる。

複数カード統合サービスの実現を図れば利用回数も増えると思うのだが、やはり発行枚数の増加とそれに伴う年会費の収益確保が優先されるのだろうな。。。(ーー;)))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です