GTDとiPhoneとクラウド。

携帯電話とインターネット、それとEmailが普及し始めて、仕事のスタイルがガラリと変わった。

それまでは、固定電話や電話ボックスの電話、それとファックス。
それが主な伝達手段だった。
だけど、今は時間や場所の制限を受けず、全てが進行することが可能だ。
よって、こちらの都合を顧みることなく、否応なしに仕事の波が押し寄せてくる。。。

Emailが普及して、色んな依頼事が大量に、間髪入れずに来る状況となった。

一時期、それらを捌くことに困惑し、挫折しそうになった。
そんな時に、GTD(Getting Things Done)という方法論or理論?
仕事術とも呼ばれている手法。

これを知って、まずはメーラーにフォルダを作成した。
Next Action,Waiting For,Calender,Someday Maybe,Informationなど。
そして、大量に送られて来るメールを分類し始めた。
すると、以前よりは格段とスッキリ思考することが出来始めたのだ。

自分の場合、あまり仕事術だとかに興味は無かった。
だけど、このGTDだけは、知り得て良かったと感じている。

そして今は、iPhoneとクラウド。

スケジュール管理は、Googleのカレンダー。
ストレージは、Dropbox
スクラップブックは、Evernote
そして今回、GTDとしての管理にNozbeというものを使い始めた。

これらの全てが、iPhoneと会社のPCと自宅のMacでシームレスに使えるのだ。
つまり、何処にいても、まったく同じ環境下となってしまう。
これは、至極便利なこと。

仕事やプライベートで必要なファイル類は、無造作にDropboxへ放り込む。
そうすれば、何処にいても、それのファイルを参照更新出来てしまう。

ちょっとしたメモ書きをしたり、備忘録を起こしたり、気になるウェブサイトをスクラップしたりと、これらはEvernoteが大活躍してくれている。
未だ、無料会員で頑張っているので、PDFなどはスクラップ出来ないし、広告も表示されてしまうが、便利さには変わりはない。

そして、Nozbe。
タスク管理、ToDo管理などに、これを使っていくことにした。
Googleカレンダーとも連動してくれるし、Evernoteとも連動してしまう!?
目からウロコ状態だった。。。

これらのツール類は、全て無料(NozbeのiPhoneアプリだけ、600円を払ったが。)で使っている。
その使用頻度や量が多くなったときに、有料会員になるか否かを判断すれば良い。
各種制限があるとは言え、無料でここまで出来ること自体がスゴイと感じている。

とは言え、殺伐とした世界には変りない。
面を会わせずに、ネットで繋がってしまう関係。
キーボードを介しての会話は出来るが、目と目を合わせた会話が成り立たない人格。

こんな情報過多な時代には、情報を簡単に整理する武器が必要だよね!。。。(^_-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です