営業電話。

初めは一週間ぐらい前だった。

会社に掛かってくる営業電話は二種類。
名指して掛かってくる場合とお勤めの方にの場合。

今回は前者。

まあ、名簿が出回っていることは完璧な事実な訳で、そのこと自体は何でもない。

今回は若い女性の営業だった。
嫌らしい媚び方はないのだが、裏側には完璧に女性を武器とした喋り方がある。
声の割には強かだな?と感じていた。

会社に掛かってくる営業電話に対しては、ハッキリと拒否の意志を伝えて丁寧に終わらせるように心掛けている。
今回もそうしていた。
しかし、何度丁寧に断っても掛かって来た。

そして今日、また掛かって来た。

丁寧に断っていることに付け込んでいる?
そう感じて、いつもと異なる対応をした。

「悪いけど興味は無い。」

そう伝え、一方的に電話を切った。

もうこれで掛かって来ないはず。
と言うか、もっと前に気付いて欲しい。
丁寧に喋ってはいるけど、最初から拒否しているのだから。

そして、こんな切り方は、こっちも気分が悪くなること。。。(ーー;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です