振り出しに戻る。

パスワード管理を整理し始めたら、この次は連絡先を整理したくなった。(笑)

iPhone では、仕事で受領した名刺を、WorldCard Mobile と言うアプリで取込んでいる。
このアプリ、なかなかの優れもので、名刺をカメラで撮影すると OCR 機能で読み込んでくれるのだ。
認識率もかなり高い。

だけど、たまに誤認識しても、面倒臭いのでそのまま取込んでしまっていた。
だから、ちょっとばかし連絡先の中身が煩雑になってしまい、いつか整理しようと考えていた。
そして、今回ちょっとずつ整理を行って来て、本日だいたい修正作業が終わった。

iPhone と iPad で確認した結果OK!
晴れ晴れしい気分で帰宅し、iMac を立ち上げて iMac 上の連絡先も確認してみる。

んっ?

iCloud と この Mac 内というふたつに別れている。
自分が修正したものは全て iCloud 上に入っているのだが、何か見掛け上統合された情報が表示されているみたいだった。
だから、修正結果が自分の意図通りに表示されない。

多分、この Mac 内というものは、物理的に iMac 上のハードディスク上に格納されている情報。
自分が修正したのは、iCloud 上のもの。
であれば、iMac 内のデータを消せば良いと判断し、この Mac 内の連絡先データを削除した。

んんっ!?

一気に連絡先が空っぽになってしまった!!

ヤバいと思い、iPhone の連絡先を確認すれば、一瞬データが残っていたが、見ているうちにスーッと綺麗に消去された。
次に iPad の連絡先を開けてみるも、同じようにデータがスーッと消えて行った。

やってしまった。。。(T-T)

iCloud 上の連絡先データが、全て無くなってしまった。
直ぐさま Mac 標準のバックアップ機能の Time Machine を開けてみれば、何とか連絡先のデータは残っていた。
だけど、当然 iCloud 上のものではなく、この Mac 内のものだ。

つまり、振り出しの戻ったようだ。

iMac の連絡先は、ちまちまと一個ずつ消さなければいけなかったようだ。
Time Machine から連絡先データは復元出来た。

また、ちまちまとデータを直していかなければ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です