Eliminate.

かなり特異なタイプだと思う。

捻くれている?
捩じ曲がっている?
自分の王国を作りたがっている?
囲いたがる?
僕ちゃん的発想?

往々にしてこのタイプは、上席に対しては抗うが後輩に対しては良き人であろうとする。
これって、共通項だと思っている。
自分の身を投げ出してまでも、君を守るんだよ僕はと。。。

また、都合が悪くなると逃げ隠れをする。
直ぐに逃げ隠れをするのでなく、僅かな取り組みして、最大限努力をしたとアピールをしてギブアップする。
これ以上やるとメンタル的にと匂わせながら。
で、だってしょうがないじゃないですかと。。。

かなりの頭脳犯。

ディスインフォメーションで、関係者をミスリードする。
そして、悪意のある風評被害を発生させる。

だけどね、ある程度付き合えば、その戦略も察知出来てしまうんだよね。
要は、行動が予測可能となるのだ。
今回も、薄々気が付いていたが、想定通りの様相を呈して来た。

ここが閾値だと判断している。

これ以上、悪影響を発生させることは許してはいけないこと。
苦汁を飲まされながらも一定量の範囲であればと思い、その自由を制限してこなかった。
だけど、その一定量を越えてしまったようだ。

だから、あからさまに排除する方向にシフトすることに決めた。

自分を殺してまで、協力と迎合をして来たのだ。
よって、それらを見切ったとき、反転するスピードとその力はそれまでよりも早く強力なものとなるはず。
本当に、痛い思いをしなければ判らないタイプなんだろう。

多分、今回だけでは無いはず。
そんなスタイルで生きて来たのであれば、以前にも同様なことがあったかと感じている。

可哀想だと思う。
だけど、もう相成れない。

IMG_1906

可哀想だけど、悪戯と度が過ぎたようだね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です