カレンダー。

会社では OUTLOOK2010 を使うようになって、スケジュール管理もそれに置き換わった。

プライベートでは Google カレンダーを使っていて、必然的に Google カレンダーと OUTLOOK2010 を同期させるようになった。
iPhone と iPad もターゲットカレンダーは Google カレンダーに設定してある。
つまり、自分の全スケジュールデータは、Google カレンダーに集約させていた。

これは、iPhone を初めて手に入れ、紙のスケジュール管理から電子データによる管理へ移行してから続いている。

シームレスに連携出来る利便性を痛感した。
しかし、ここ最近ちょっと面倒になったことがある。

Google カレンダーで一元管理していたので、プライベートの予定も OUTLOOK2010 に同期されてしまう。
となると、会社内のメンバーにも、そのプライベートな予定が見えてしまうのだ。
よって、これまでは同期した後に、プライベートの予定は非公開設定をして来た。
だが、予定の内容は見えなくなっても、そこに非公開の予定があることは判ってしまう。
ちょとばかし、それが嫌だった。。。

後輩などに訊けば、Google アカウントをふたつ作成して、仕事とプライベートと分け、Google Sync で OUTLOOK2010 に同期させるのは仕事用のみにしていると言う。
プライベートのガジェットからは、ターゲットカレンダーをそのふたつ設定することにより、仕事用とプライベート用を同時にアクセス出来る。
Google アカウントをふたつ作るのは面倒臭く感じてしまうが、致し方無しか?と思っていた時に思い出した。

iCloud があるじゃないか!

iCloud のカレンダーは、設定をしていたが未使用だった。
Mac のカレンダーを開き、プライベートの予定を全て iCloud に変えると、何のことはなくあっさりと分別出来てしまった。
そして、 OUTLOOK2010 から確認すれば、プライベートな予定の痕跡は一切見えなくなった。
だけど、自分のデバイスから、その全てが見えている。

うん、これで良い!(^^)v

って言うか、もっと早く気付けよ!と我ながら感じてしまった。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です