器量。

歴史は繰り返すとよく言うが、真実だと思う。

良い状態の時は継続は力なりとなり、悪い状態になればいい匂いがするほうに吸い寄せられる。
そして、いい匂いを放つものに手を出して、手痛い失敗を繰り返す。

結局は、悪い状態を受け入れ、堪え、耐え忍ぶという器が無いと言うこと。

また、過去に引きずられるよりは、過去を活かして欲しい。

それに、男と女などという性別を抜きにして。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です