忘年会。

今年初回の忘年会。

新橋の街はきらびやかで、喧騒的な活気を呈していた。

ここ最近、ビールを二杯ぐらい飲んだ後は熱燗へ舵を切るようにしている。
寒さが増して来たこともあるのだが、飲む量を加減してみようと思ってみたから。

本来、日本酒は大好きなのだ。
だけど、必ず翌日が辛くなってしまう。
相性の問題かと思っていたのだが、冷静に考えれば口当たりの良さに負けて深酒をしてしまうからと悟った。
冷酒や冷やだと尚更のこと。

だったら、熱燗は?

そう思い、先日から実行し始めたのだが、なかなか良い傾向が続いている。

まず、和食系であれば、食べ物との相性が良い。
特に生ものだと、グンッと美味さを感じる。
また、徳利とお猪口の組み合わせなので、チビチビ感が構築出来る。
要は、徳利からお猪口へ忙しなく注ぐのは粋ではないとの意識、つまり自制心が働く。
これが良い効果を生み出しているようだ。

今月は、熱燗をキーワードに愉しんでみようと思っている。

IMG 3533

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です