守宮。

「今、イモリが家の中に入って、母ちゃんに来てもらう」

お昼時、そんな妻からの LINE メッセージが着信!?
メッセージの遣り取りで、義母が来るまで家の外でスマホを握り締め待っているようだ。
家の中に居られないらしい。

こんな暑い中、外に居てもなぁ。
すると、ワン切りされた??
慌ててコールバックをすれば、間違えで電話したらしいがかなり動揺している。

ちょっとパニックになってるな。。。

義母が来てくれたが、獲り損ねて帰ったらしい。
大丈夫だと言っているが、最後に忍び込んだクローゼットから目を離さず、ズーッと監視しているとのこと。

ダメだろうなぁ?

そう思い、打ち合わせをこなした後、格好悪いけど早退をして帰宅。
で、本当に、椅子に座ってクローゼットを監視していた!?(爆)

「もう逃げたんじゃないか?」
「いや、あれから一度も目を離していないから、絶対にいる!」

それはそれで、もう数時間経っているので、その執念というかなんというか、それ自体にかなり怖いものを感じるのは自分の気のせいだろうか? (-_-;)

落とし所は、クローゼットの中を全部出して、もう居ないことを証明しないと納得しないはず。
しょうがいないので、クローゼットの中の荷物をひとつずつ出すことにした。

こんな暑さの中、早引きして自分は何をやっているんだろう?、と自問自答しながら荷物を出す。
左側を全部出し切ったので右側に移ると、おっ!、ヤモリくん発見!!

そうそう、イモリじゃなくてヤモリだからね。(笑)
縁起が良く、家を守ってくれるんだからね!

優しく捕獲して、外に逃してあげた。

なんかもう、妻のそばに一緒に居られる仕事に変わった方が、良いような気がして来たよ♪ (^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です