京急。

京急大師線を利用し始めて、自分の行動エリアを考えると京急主体の方が便利なのか?、と考えるようになった。

弘明寺と横浜間しか京急に乗車しない生活を長年続けてきた。
横浜駅から JR へ乗り換える生活を。
その理由は、京急の列車種別が多くてよく分からないからだ。

地元弘明寺駅は、普通とエアポート急行しか停車しない。
だけど、快特や特急や急行やウィング号など、沢山あって分からないのだ。

だが、今回京急川崎と横浜間でも快特を利用して、アクセスの良さに気付いた。
それに、一番コストが安いことも。
品川、新橋、銀座、浅草とカバー出来るエリアも広い。

また、そもそも定期券を半年分買うことも疑問を感じていた。
自社事務所以外にも行く場所が多いのだ。
果たしてどちらが安いのだろうか?

そして、今週から京急主体の生活を始めてみた。

京急川崎駅での所作は理解出来ていた。
でも、今日は始めての自社事務所から帰宅。
バスで品川駅に出て、品川駅から京急にチャレンジした。

ホームの床に乗車する電車毎の整列ステッカーが貼ってあった。

「横浜方面への都営線からの快特・特急」
「羽田空港行きのすべての列車(エアポート快特・快特・エアポート急行)」
「横浜方面への泉岳寺・品川始発の列車と品川で後ろ4両増結される車両」
「普通種別のすべての列車」

もうここでパニック状態!?

羽田空港行きと普通電車の乗り方は瞬時に分かった。
だけど、自分が乗りたい快特はどちらに並ぶのだろうか?
都営線からとか、泉岳寺・品川始発ってなんだよ!

よく分からないので、後部車両位置へ行き、緑色ステッカーの「横浜方面への泉岳寺・品川始発の列車と品川で後ろ4両増結される車両」に並んだ。

時刻となり快特が入線して来た。
でも、自分が並んでいた場所を通り過ぎて行った!?

あちゃー、やっちゃったか?

もうここで涙目。
やっぱりスカ線で帰れば良かった。。。
自分、京急で地元まで帰れるのだろうか?
普通電車に乗るしかないのかなぁ。。。
と、絶望状態に陥っていると、短い車両編成が入線して来た。

んっ!?

先ほど自分の目の前を通り過ぎて行った車両に連結した!!

えっ、そういうこと?

すると、ドアが開き自分の並んでいる列の人たちがなだれ込み始めた。
ああ、そういうことなのね。
自分も安堵と共に乗車した。

車内は思っていた以上に空いていた。
それに、京急蒲田、京急川崎の次がもう横浜だ。
横浜駅での乗り換えも、ホームに降りて同じホームで普通かエアポート急行を待っているだけ。
品川駅での乗車方法を攻略出来れば至極快適かも知れない。

これから京急主体の生活に切り替えよう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です