iPhone のバッテリー。

確かに充電回数が少なくなった。
ということは、バッテリーの持ちが良くなったということ。
安心感と満足感を感じていたが、今日のニュースで、、、

バッテリーが劣化したiPhoneのパフォーマンスが低くなる件、Appleは「ユーザー体験を損なわないため」と認める。

気にしてみれば、何となく。。。

バッテリーが新品になったから、ちょっと元気が出たのかなぁ〜?とは少し感じたが、それは気分の問題なんだろうと思っていた。
でも、正式に認められると、自分の鈍さを痛感する。
それとも、その施策が絶妙なのかな?(笑)

根本的には、バッテリー交換が簡単に出来るようになればこの施策は必要ないと思う。

やっぱりスマホのバッテリーって、二年ぐらいで劣化すると感じた。
だから、それが出来ないのであれば仕方が無い施策と納得できる。

微妙な気持ちは残るのだけどね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です