月別: 2018年1月

笑ってしまった!

ベンチプレスがダメダメと思っていたが、ダメだったのは自分だった。
30kg だと思っていたが、ベーベルバーが 20kg でそれに 10kg を両サイドに付けて 1.25kg や 5kgを追加していた。
つまり 40kg オーバーの世界だったのだ!?

もう笑うしかなかった。

それに気付いて、やり直したらいい感じだった。
当然そうだろうな。。。

多分、何回か同じ過ち繰り返していたと思う。

なんか、フリーウェイトコーナーへ行くと、舞い上がってしまう自分がいるようだ。

ミニマリストの気持ちが湧き出て、お財布を長財布から abrAsus の薄い財布に変えていた。

数日過ごしたのだが、長財布に戻してしまった。
スーツの内ポケットで、収まりが心地良くなかったから。

長財布は邪魔になるくらい収まりが良い。
だから、小さく薄い財布にしたのだが、そうするとポケット内がスカスカになり収まりが悪くなる。
あと、中身を出し入れする際に、やはり長財布よりスムーズじゃないことは否めない。

しかし、スーツを着ている時は良いのだけど、プライベートでのジーンズだと後ろポケットからはみ出て収まりが悪くなる。

でも、長財布の方が見た目は良いからね♪

巷を賑わせている仮想通貨。

自分は、仮想通貨について全く分からない!?(笑)

どういう仕組みで、何に使えるのか、現金に換金できるのかなど。。。

でも、先日ビットコインで儲けた人がいたように聞いた。
となると、換金できるのかな?

にしても、何か現金換算の桁が凄いし、一瞬して水泡に帰すようなこともあるようだし、怖い思いしか抱けない。

だから、自分は儲けられないのだろうね。。。

除脂肪体重 × 40kcal 。

これがベースカロリーとなることは、その世界では常識らしい。
ただ、40kcal という係数は、それなりにワークアウトを実践している人に合致するもの。
では、自分の場合は?

こんな疑問を抱きつつも、目標設定に悩んでいた。
ウェイトダウンを目指していた頃の摂取カロリーでは筋肉が付かないと自覚していて、筋トレをスタートしてから摂取カロリーを増やし始めた。
ウェイトダウン時から +300kcal にしてみたのだが、前述のベースカロリーからはほど遠かった。
前述計算式に当てはめると、+600kcal ~ +700kcal にもなる!?
どうなんだろう?

そう思いながら 3 週間ぐらい経過したのだが、体重は減少傾向だった。
同時に糖質にも気を付けるようにしていたこともあるのだが、これじゃ筋肉が付かないと思い前述のベースカロリーを採用してみることにした。

始めに、MyFitnessPal の目標カロリーにベースカロリー値を設定した。
fitbit との連携はさせないで外的要素を排除して管理してみた。
同時に、fitbit にも同じ食事記録を入力していた。
要は、MyFitnessPal と fitbit へ二重入力をしていた。

すると、fitbit で消費カロリーを加味した残摂取カロリー値が、ベースカロリーに消費カロリーを加味したような値だったのだ。

よく言われるように、消費カロリーを上回る摂取カロリーでないと筋肉はつかない。

となると、MyFitnessPal と fitbit を連携させ、消費カロリーも加味した管理をすれば良いように思えてきた。
で、MyFitnessPal と fitbit を連携させることにした。

そこで数日過ごしているのだが、興味深いことに気付いた。
MyFitnessPal と fitbit の残摂取カロリー指標値がほぼ同等の経過推移となるのだ。

何となくこれで良いと感じた。

fitbit の計算ロジックは分からないが、そこそこの根拠を基に計算されているようだ。

これでしばらく除脂肪体重と筋肉量の推移を見て、必要であれば修正してみようと思っている。

今日も朝のワークアウトへ。

6 時という時間なのだが、先客が一名いた。
それもパワーゲージを使っていたので、自分はスミスマシンで。
パワーゲージが空いても、今日はスミスマシンで押し通した。

やはりベンチプレスがダメだった。。。

スクワットとデッドリフトはそれなりに出来るようになったと思っている。
でも、ベンチプレスがどうにもダメだ。

マシンでやるとどうなんだろう?

そう思い、スクワットはレッグプレスで。
ベンチプレスはチェストプレスで。
デッドリフトはローイングマシンで試してみた。

で、自分の肉体の実態を知った。

レッグプレスもローイングマシンも、バーベルの重量よりも重いウエイトでもこなせる事実。
それと、チェストプレスでは、バーベルと同じ重量でもベンチプレスと同じ状況に陥る事実を!?
ちなみに、ダンベルベンチプレスも試したが、同じ状況だった。

単純に、自分は上半身が弱いのだ。
胸と腕と背中。
これが、弱いのだ。
ちょっと悲しい現実だった。

胸板は厚いのでそれなりだと思っていたのだが、厚いだけで筋肉が弱いのだろう。
だからチンアップ(懸垂)も出来ないので、ラットプルダウンでこなしている。
また、ラットプルダウンで気付いていたのだが、先に左腕が悲鳴を上げてしまう。
つまり、左右で考えると左が弱いのだ。

自分のウィークポイント。。。

それに、ちょっとフリーウェイトに拘り過ぎかとも感じてしまった。
確かにマシンでは軌道が一定なので効く部位が決まってしまう。
フリーウェイトは、関係する部位に満遍なく負荷が掛かるから良いと聞いていた。
よくある話で、初心者は BIG3 だけやっていればまずは大丈夫と言う。
だけど、マシンでも効果はあると感じた。
それに、重量設定が棒を差し替えるだけで楽チンなのだ。

ただ、今日自覚したのは、ベンチプレスやチェストプレスは自分が考えている以上の軽い重量でやるべきと。
悲しいけど、現実なんだろうな。
そして、フォームを正常化しつつ、徐々に重量を上げていくしかない。
スクワットやデッドリフトとは差がつくのだけど。

そんな反省と結論を、ドトールでミラノサンド A を食べながら自分なりに導き出した。。。

会社で飲んでいるインスタントコーヒーが底をつき始めた。

新しいインスタントコーヒーをコンビニで買った。
メーカーもんは高かったので、コンビニの PB のやつ。
で、デスクに仕舞う時に、、、

瓶の形がソックリだ!?

上から見てもソックリだった。

う〜ん、ひょっとしてと思い裏を見てみた。

同じもので価格が異なるかと思ったが、中身を少し異なるようだ。
使用豆が異なるし、内容量も少しだけ異なっている。
良かった!

味が違うと感じていて、やっぱりメーカーもんが美味しいと思っていたから。

これが同じだったら、自分は絶対に格付けに出れなかっただろう。(笑)

今日は遅い出社で、朝早く起きてジムに行こうかと思ったが熟睡してしまっていた。

で、仕事が好調なのか、ヤバい状態なのか分別つかなくなってしまった!?
多分、素直に接すれば人が足りなくなる。
強気に出れば、サラリーマン人生に幕を降ろすかもしれない。

今日の打ち合わせもそうだったが、明日の打ち合わせで白黒つくかと思っている。

まあ、ケ・セラ・セラでいこうかと。。。(笑)

月曜日は雪も降ったし、仕事でもまた理不尽さを味わった。
だから、火曜日は休むことにした。(笑)
午前中は自宅で仕事をこなして、午後はジムへ行きワークアウト。

調子に乗ったというか、思慮深さに欠けた感があった。

重量とセット数を同時に増やしてしまったのだ。。。

セット回数については、3回が良いのか4回が良いのかで悩んでいた。
良く調べて、自分が納得できる意見を取り入れれば良いものを、何も考えずに従来の3回から4回に増やしてしまった。
且つ、調子に乗って重量も増やしてしまった。

案の定、大変キツいものとなり、10レップも出来ない始末。
おまけに、せっかく掴みかけたベンチプレスも散々な状態に逆戻り。

ちゃんと意味を理解してから進めるべきだった。

初心者は、1セット目を軽くこなせて、2〜3セットもやや余裕をもって、そして4セット目でギリギリ10回で終わる方法が良いと。
なぜなら、フォームが固まっていないのにギリギリな状況だと、筋肉が疲労してキツくなり、フォームが崩れて疲れていない筋肉を使うからとのこと。
自分自身で納得出来た。
であれば、必然的に無理をせず、重量もそれに従うべきだろうと。

これでスッキリとした。

週三回のジム通いを続けられている。
これからも最低週三回はキープしようと考えている。

その内二回は、BIG3と懸垂が出来ないからラットプルで背中を。
残り一回は、トレッドミルで有酸素と考えていた。

具体的には、平日一回はBIG3とラットプル。
土曜日は、BIG3とラットプルとトレッドミルで30分の有酸素。
日曜日は、トレッドミルで60分の有酸素。

でも、日曜日が少し寂しい気が勿体無いと感じてしまった。
土曜日にBIG3をやっているので有酸素だけと考えていたのだが、別の部位であれば良いだろうと。
ということで、腕をやり始めた。

ダンベルで、上腕二頭筋と三角筋を。
ダンベルオルタネイトカールとサイドレイズをやることにした。
これはこれで楽しいワークアウトだと感じた。

あと、最近感じているのが、ジムは自宅に近いほど良いということ。
ジム選びを調べている時、とにかく自宅に近い場所が一番とあったので井土ヶ谷ではなく弘明寺を選んだのだが、これが大正解だと感じている。
ジムに行くことが気にならないロケーション。
これが、電車や車を使ったり、長く歩いたりするのであれば躊躇してしまうし、通勤時で寄れる場所であってもシューズやウェアや汗を流すことも考えれば難儀だろうと思い始めた。
例えば、同じ弘明寺でも、鎌倉街道沿いの横浜南スポーツセンターだったらちょっと面倒臭く感じてしまうはず。

やはり、先人の教えは役に立つものだと思った。

天気予報通り、お昼から雪が降り始めた。

最初は霙まじりだったのでどのぐらい降るのだろうと訝ったが、嫌な打ち合わせが終われば吹雪いていた!?

おやつどきに早期帰宅を喚起、そして優雅tに業務免除が通達された。
すぐさま帰ろうと思ったが、仕事が終わらない!!
結果、定時の少し前に帰路に着いた。

新橋から横須賀線ではなく、浅草線、つまり京急線で一本で帰ろうと判断した。
だけど、これが多分ミスジャッジ。。。

羽田空港や西馬込行きばかりでやって来て、横浜方面が来るまでだいぶ待った。
横須賀線の方がマシだったと思う。
で、案の定滅茶混みの状態。
車内は一触即発の状態だった。

毎回思うのだが、このようなラッシュ状態の時、何故一番最後に乗る人は決死隊なのだろうか?

乗るぞ!オーラが半端なく、必ずドア口の上に手をかけて、人の迷惑を顧みず懸垂じみた強引さで乗って来る。
何故、次の列車を待たないのだろう?
待てば、一番初めに乗り込めるのに??

今日の靴は武装していない靴。
つまり、普通の革靴で、そこはスリックタイヤみたいなのっぺらぼう。
よく滑るのだが、雪が凍ってないのでことなきを得た。

そして、無事に帰宅できたのだが、仕事ではまた変な流れに巻き込まれてしまった。
こうまでなると、自分が所作がイケナイと思わざると得ないし、神の見えざる手が働いているとしか思えない。

サラリーマンである以上、与えられた場所で従順にが鉄則なんだろうな。
でも、あれから気をつけて従順なつもりでいたのだけど、やっぱり何かしらあるのだろうな。

アンフェアなのは誰か?

まあ、明日も出勤できるかわからないから、じっくりと考えてみよう。。。