解放と心地良さ。

Anker のワイヤレス充電器も届いた。
これで完結した。

自分の iPhone 6s のバッテリー挙動がおかしくなり始めたことに端を発した。
まずは、バッテリーの消耗が早くなり始めた。
何かしらのアプリが原因か、iOS が原因か、それともシャットダウン対策プログラムでバッテリー交換したことが原因か。。。

バッテリ消耗が早くなり始めた次に、再起動するとバッテリー残量が増えることに気付いた。
それと同時に、急激なバッテリー消耗で強制シャットダウンが数回起きた。
極め付けは、フル充電しても半日もバッテリが持たなくなった。
最終的には、就寝前にフル充電して、起床すれば 10% 台の残量となった。
もうダメだろう。。。

そう思って、iPhone XR を購入。
同時に、完全ワイヤレスイヤフォンである、Jabra Elite ACTIVE 65t を購入。
そして、筐体が大きくなり、今まで使用していた Lightning Dog が不安定に感じ始めたことと、Lightning 端子に抜き差しすることで端子周りが壊れそうな危惧を抱いたこと。
最終的に、Anker PowerWave 7.5 Stand というワイヤレス充電器も賄った。

所感として、全てが心地良さを与えてくれていることに気付いた。

iPhone XR.

まず、Face ID は、当初思っていたよりもその認識スピードは早く、Touch ID のスピードと遜色は無かった。
と言うよりも、Touch ID よりも快適だと気付いてしまった。

ロックを解除するという意識が消失したのだ。
ディスプレイにタッチして、上にスワイプするだけだ。
ディスプレイを覗き込む意識なんて無い。
ディスプレイに顔を正対しているだけ。

また、ロック画面へのメッセージやメールの着信通知も、ディスプレイに顔を正対させていないときはメッセージやメールが届きました旨の表示だけ。
ディスプレイに顔を正対すると、従来通りメッセージやメールの内容も表示される。
これって、すごく便利だと思った。

巷で、たまにディスプレイ側を伏せて置く人がいるが、それは着信通知で表示される内容を隠したいからだと思う。
でも、Face IDであれば、そのような行動も不要となる。

Face IDが登場しても、Touch ID が礼賛されている。
自分もそのひとりだった。
ノッチの出現も大きな反響だった。
自分もそのひとりだった。
でも、Apple は頑なに Face ID を推進してきた。
何となく、その思いが分かったような気がしている。

次に、iPhone XR の大きさと重さだが、初めて見たときはデカいと感じた。
ただ、老眼が進行する中で、Plus ほどの大きさは遠慮したいが大きいと見やすいのだろうな?、との思いはあった。
果たして、このサイズ感、自分たちにはピッタリだった。
大きいことは大きい。
でも、眉間にシワを寄せて覗き込むことが無くなった。
よく見えるのだ。
でも、重たさは重いと感じる。

その反面、バッテリーの持ちはすこぶる良い。
自分の iPhone 6s のバッテリーがおかしくなっていたこともあるが、朝出掛ける前に 80%~90% ぐらいに充電して、日中一回も充電しなくても充分に持つ。
充電せずに、二日間だって持つと感じている。
ここ数ヶ月の充電ストレスから、一気に解放された。

そして Apple Pay 。
遅れ馳せながらのおサイフケータイだ。
定期券の Suica を登録したが、もうこれに頼りっきりだ。
途端に小銭を使わなくなった。
それに、スーツのポケットがひとつ空いた。
定期券を入れていたポケットが空いたのだ。
これであれば、iPhone を持っていれば、大抵のことはことが足りる。

Jabra Elite ACTIVE 65t.

完全ワイヤレスイヤフォンがここまで快適だとは知らなかった。
ケーブルからの解放。
また、AirPodsではなく、この Jabra を選択したからだとの自負もある。
Siri を使わず、イヤフォンのスイッチで音量制御と曲のスキップ制御が出来ることが大きい。
一度 AirPods を注文して、それをキャンセルしてまで求めた甲斐があった。

それに Hear Through という機能が有難い。
これ、イヤフォンのマイクで外部の音を拾ってくれるのだ。
つまり、イヤフォンを外さずしても、ボタンで曲を一時停止すればイヤフォンを外したことと同様になる。
例えば、コンビでのレジ精算時やカフェでのオーダー時、直前まで音楽を聴いていてもボタンひとつで通常会話が出来るのだ。
そして、またボタンひとつで自分の世界に入り込める。

あと、最初は音がダメかなと感じていた。
軽い感じがしたのだ。
だけど、イヤージェル(パッド)を大きいサイズに変えたら、抜群に良くなった。
もう文句は無い。

Anker PowerWave 7.5 Stand.

7.5W がミソらしく、充電スピードがそこそこらしい。
早速試してみたが、充分に使えるレベルだった。

これまで Lightning Dog にブスッと突き刺し、端子を守るように角度を維持しながら抜くと言う作業から一気に解放された。
ただおくだけ。
ただそれだけで充電してくれる。

これらのガジェット類で、生活がとても楽しくなった。
技術の進歩ってすごいものだと痛感した。
その進歩のおかげで、心地良さを感じられているのだ。

Jabra はどさくさに紛れて自分の分しか購入していないが、それ以外は全て 2 セットを購入。
妻の分だ。
出費が嵩んだだけど、納得して腹落ちでき、とても満足感を感じている。

Happy?

Yes!
We are very happy!! (^^)v



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です