カテゴリー別アーカイブ: Jimny SIERRA

復調。

プラグとイグニッションコイルを交換した我がシエラ。

交換直後は調子が良いに決まっている。
果たして、翌日以降はどうなのか?

どうやら直ったっぽい?

一定期間様子を見なければ分からないが、駐車場から出る際にストールすることは無かった。
いつも、駐車場からアクセルに足を置くぐらいの時にブルブルブルンとなっていたのだが、スムーズに動き始めた。

乗っていて正しくアクセルに反応してくれることが嬉しい。

まあ、これが普通の状態なんだけれどね!

プラグとコイル。

シエラのプラグとイグニッションコイルを無料交換してくれた。

まあ、どうなるか分からないけど、交換したてはすこぶる快調となった。
嫌な振動と言うか、ザラつき感が無くなった。

それと、学習プログラムが意図した通りで無かったようだ。

多分、去年カーショップでバッテリ交換した影響だとのこと。
で、学習プログラムもリセット。

これで良くなってくれたら嬉しいんだけどね♪

点検。

シエラの点検。

例のエンストの件は、まだたまに発生する。
その旨を伝えたが、エンジンが温まり走行し始めると改善してしまう。
だから、後日預かりたいと。。。

前回のプログラム書き換えはこれだった。
症状的にはピッタンコだったけど?

で、担当営業とサービスが会話してくれて、ひょっとしたら走り方でカブってしまうことがあるのかもとの見解。
走行距離は異常に少ない。
で、チョイ乗り主体。
チョイ乗りで飛ばすことはなく、バスの運転手を見習って大人しい運転。
それらを包含すると、プラグがカブるのかもと。。。

つまり、大人しい運転すぎると言う結論。

あながち合っているかもしれない。
高速走行すると改善するのだ。

この次は、無料でプラグとイングニッシィンコイルを後日交換してくれるとのこと。

EPI Version Up.

午前中、妻の送迎のためシエラで出掛けた。

やっぱり、出足でそろりとアクセルを踏むと咳き込む。
しばらく走ればを思ったが、今日は一向に改善しない。
挙げ句の果てに、エンストしてしまった!?

ディーラーに連絡して、持ち込むことにした。
でも、その電話が終わった後、症状が出なくなってしまった!?
エンジンが温まったから?
よくあること。。。

ログを見ても異常は無いとのこと。
ただ、EPI (電子制御式燃料噴射装置)のソフトウェアバージョンが一世代古いらしい。
最新のバージョンに書き換えてくれた。
これで様子見。

でも、あながち正解のような気がしている。

担当の営業マンも、バージョンアップ内容にそれらしい記述がありましたと言っていた。
不具合がなければバージョンアップはしないだろうし、購入した当初から冷間時のエンジン始動が良好ではなかった。
カブり気味で始動しないことがたまにあったのだ。
これでスッキリすれば嬉しいもの。

で、新しいスイフトスポーツ。
実車を見て格好いいと思った。

ただのスイフトは、評価は高いがスタイリングが好みでなかった。
でも、このスイフトスポーツは、ワイドボディとなって顔付きもシャープになっている。
3 ナンバーだ。
それに、若干車高も低くなっている感じだ。

最近のスズキはアグレッシブだと思う。
イグニシス、エスクードの 1.4L ターボ、ジムニーのモデルチェンジ、ハスラーの普通車版とこのスイフトスポーツ。
どれも自分好みのラインナップだ♪

そんな想いを営業マンに悟られないよう帰宅した。(笑)

ストール。

シエラの調子がいまひとつ。。。

停車からの発進で、僅かにアクセルを踏むと回転数が落ちてストールしそうになる。
毎回この現象が出るわけではない。
その法則性はまだ掴めていないが、現象が出ない時もある。

何だろうな?
空燃比のマッチング?
EFIなのに?

AT なのにエンストってどうなんだろう。

ディラーに持ち込んでも症状が出なければダメだろう。
だから、法則性を探っている最中。

それにしても、嫌な感じだな。。。

車検。

シエラを車検に出した。

代車はスペーシア。
ハイトワゴンで、スタイリングは正直苦手だ。(笑)

で、軽自動車だが装備が豪華なのだ。

アイドリングストップ、デュアルカメラブレーキアシスト、ステアリングスイッチ、オートエアコン、電動モーターアシストと、シエラよりも充実している。

電動モーターアシストって、良いかもしれないと感じた。
グッとトルクが増す。
それにアイドリングストップも、メカニカルな音がせずにスムーズさを感じた。
このスズキのマイルドハイブリッドって、違和感が無い。

結構良いかも知れないな。。。(^^;;

スタッドレス。

スタッドレスに履き替えた。

今回で 3 シーズン目。

スタッドレスの耐用年数は 3 年と良く言われる。
ゴムの硬化が問題らしい。

でも減ってもいないタイヤをと言う気持ちある。

来シーズンに考えよう。。。

我に返る。

排気量に余裕があるクルマに食指が動いていた。
それに、いつ生産中止になってもおかしくない状況。
そんな状況で、1 年前から考えていた。

つまり、初心を忘れた状況。。。

だけど、エスクード 2.4 のサイズだと、些か大き過ぎる。
たまたま、Youtube でジムニー乗りの動画を観て、我に返った。
やっぱり、まだ山間農林道を走ることもあるはず。
いや、積極的にそっち方面に行っても良いかなと思い始めた。

で、来年の車検を通そうと決めた。
フロントガラスの飛び石傷は、このままだと車検が通らないらしい。
だから、リペアもしよう。
それに、少し APIO のパーツもおごってみるか?(笑)

やっぱり、しばらくはコイツでいこう♪

P1020939 - バージョン 3