リコーのGR DIGITAL II。
なかなか、3万円を切らない。(ーー;)

OLYMPIAのF嬢が言う通り、このあたりが底値なのかも知れないなぁ。。。

でも、一途の望みを賭けているものがある。

オークション!?(笑)

新品を3台、1円からのオークションで競売にかけているところがある。
先週、そのオークションは終了してしまったのだが、また3台を競売にかけている。

先週のオークションは、その入札状況を傍観していた。
案の定、途中でいきなり大きな金額の入札があり、巷の価格と変わらないものとなった。
自分の感覚だと、有り得ないのだ。。。

入札の終了時間までだいぶ日数があるにもかかわらず、大きな金額を入札する。
僅か2,000〜3,000円代だった競売に対して、桁を上げた金額を入れて、いつしかその入札者は脱落してしまっている。。。

本当に安く手に入れたい人は、自分の限度金額を設定しておき一番最後に入札するのが心理ではないだろうか?
入札の終了時間までだいぶ日数があるにも関わらず、自分の手の内を明かしてしまう行為。
そして、いつしか金額を跳ね上げた張本人は消え去っている。
結局は、金額を跳ね上げただけ?
不思議なものだといつも感じている。

本当に安く手に入れたいのなら、本当に安く手に入れる作戦を考えて欲しいし、安く手に入れたい人たちのことも考えるべきだと思うのだが。。。

オークションの醍醐味は、ギリギリの最後に一か八かの勝負を賭けること。
自分が許容出来る最高値で、一回の入札をして勝負をつける。
それで負けたのなら、諦めもつく。

だけど、現実には訳の分からない力が働いているようだ。。。(/_ _ )/