やっと変わるのではないか?と、、、
予兆とも言えるのかも知れない。

何となく、そんな流れを感じている。

数年前、直接的ではないが、間接的に避けた。
結局のところ、自分は逃げたのだ。
自分の汚点。
案の定、そのしっぺ返しはとてつもなく強烈なものだった。

それ以来、自分が信じるスタイルを貫こうと決めた。

だが、上手くいかないことばかりだった。
だけど、あれから時が流れて、ある程度は浸透しているのではないかと思った。

逃げない。
くだらないプライドを捨てる。
知恵がなければ、知恵を借り、知恵を盗む。
肉を打たせて骨を打つ。
とことん現場主義。
そして、目先の負けにとらわれず、最後に笑うことをトッププライオリティとする。

アニメの中でのセリフ。

「背中の傷は剣士の恥だ」

正直、とても疲れる行動。
だけど、孤軍奮闘しているのではない。
幸いに、同調して一緒に動いてくれる人たちがいる。

さざ波からうねりに変わり、大きな流れが作れれば。。。(^_-)