昼食に冷やし麺を食べたいと思い、紅虎餃子房に入ってみる。

メニューを見てみると、蒸し鶏にゴマだれが掛かって野菜たっぷりの冷やし麺と冷やし担々麺があった。

迷った末に冷やし担々麺(涼坦々麺)をオーダ。

それ程待たずして、涼坦々麺がサーブされてきた。

細めの幅広麺にたれをからめ、その上に大根の千切りと青野菜とひき肉、それに中国山椒がぱらぱらとかけてある。

それらを一緒くたに混ぜ合わせて食べてみると、山椒のピッリとした辛さが口の中に広がる。

「辛っ!」と思いながら、でもごまのコクのある旨味につられて箸が進んでしまう。

いつも思うのだが、担々麺というものはうっ〜辛っと思いながらも、なんだかんだでスープまで飲み干してしまうのは、あのごまのコクのある旨味との相性が抜群にいいからだと思う。

辛くて全部食べれないなと思いながら、いつも全部食べきってしまう!(笑)

そして、決まって最後にひき肉をひとつひとつ摘んで食べている自分がいる。


返信がありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Author
porfidio
最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ
Count per Day
  • 821780総訪問者数:
  • 46今日の訪問者数:
  • 83昨日の訪問者数: