昨日試してみた各種RAW現像ソフト。
SILKYPIXを除いて、全部アンインストールをした。
厳密に言えば、Apertureはアンインストール方法が判らなかったので、そのまま放置してあるのだが。

自分がSILKYPIXを選択した理由。。。

マニュアルに目を通したところ、このソフト制作者の想いが感じられ好感を得ることが出来たから。
また、素人の自分にも判る記述内容であり、他のソフトよりもかなり秀でていた。
機能的にも、かなり高機能なものであると判った。
だから、SILKYPIXに決めた。

また、レタッチソフトについては、自分が浅はかだった。。。

まったくのリサーチ不足だったのだが、PHOTOSHOPと同等、あるいはそれ以上と言われるフリーソフトウェアがあったのだ。
GIMPというもの。

結構有名なソフトらしい。。。(^^;)

かたや十数万円〜数十万円のデファクトスタンダードなソフトと同等機能を保持するフリーウェアなソフト。
GIMPに決めたのは、自分にとって当然の帰結だ。(笑)

ただ、自分にとってレタッチソフトは、そのどれもが難しい。
これも勉強しなければならない。

自分が使うべきRAW現像ソフトとレタッチソフトが決まった。
では、今後自分はどのような流れで処理を行うのだろうか?。。。

Macにはイメージキャプチャというアプリが標準である。
デフォルトはカメラを接続するとiPhotoが起動するのだが、これをイメージキャプチャが起動するようにiPhotoの設定を変更。
イメージキャプチャ側では、カメラ接続後にそのデータを自分が設定したフォルダに転送するように設定。
転送後は、カメラ内のデータを削除するように設定。
そして、その後処理としてSILKYPIXが起動するように設定。
これで、カメラを接続した後の一連の現像データ取込み作業が自動化出来た。
さすがMac!(^^)v
 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 
さて、明日はYSCの射撃会。

でも、帰りの渋滞が気になって仕方が無いのだが。。。(ーー;)))
 
 


2件の返信

  1. Tatsuo より:

    PhotoshopはウチのPCに入ってる最も高いソフトで〜す。w
    仕事でずっとPhotoshop使ってるので
    操作が違うGIMPにはなかなか馴染めませんでした〜。

    でも普通に使う分には機能的に遜色ないと感じました。
    アレでフリーとは驚異的だと思いますです。

    メモリーデータ削除の自動化はちょっと怖いかも〜?
    いじって保存した後に失敗に気付いて
    メモリーにデータがあって助かった!って事たまにあります。

  2. PORFIDIO より:

    >Tatsuo
    今日はお疲れ様でした!

    で、この次、、、
    レタッチソフトの使い方を教えてくれ〜!!m(_ _;)m

    まったくもって、センスが無いみたいだ。。。(T-T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Author
porfidio
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
Count per Day
  • 819030総訪問者数:
  • 34今日の訪問者数:
  • 119昨日の訪問者数: