SILKYPIXを正式に購入した。
それも、女房には内緒で。。。

一ヶ月後にはバレるだろうが、ネット関連の費用とのことで押し通そうと思っている!?(–;)
 
 
現在、全ての写真をRAW形式で撮っている。
ただ、GRD2の仕様として、JPEG形式も同時に作成されている。
よって、モノクロームにする時とGRD2で作成されたJPEGが気に入らない時にSILKYPIXを使って現像している。

この現像という行為について、以前は自分の中でちょっと引っ掛かる気持ちがあった。
一体、どこまで編集加工を行って良いものだろうか?と。。。

RAWはデモザイク前の生データ。
文字通り、そのカメラが切り撮った生データだ。

その生データを基に、デモザイクに並行して色や明るさのトーン等を自動レタッチする画像処理を行い、完成した画像をJPEGやTIFFなどのフォーマットへ変換保存するのが現像。

結局は、この現像をそのカメラ内の既存ロジックに任せて行うのか、現像ソフトを用いて自分で行うのかの違いと認識した。
であれば、カメラ側で変更出来るパラメタについては、現像ソフト側で色々と変更しても、それは自己表現の一部であろう。
やっと、自分の中でそう帰結することが出来た。(笑)

もっとも、常識だろうと言われれば、それまでなのだが。。。(>_<) そして、レタッチソフトを使用して、複数のレイヤーを重ねてしまうようなことは合成だろうと。 Watermarkを除きこの手の処理は、自分の中では写真では無いものと思うことにした。 ただ、傷やCCDに付いたゴミの除去などは、許容範囲か!?。。。(^^;)       シャッターを押した後で、カメラ側で変更可能なパラメタを現像ソフト側で色々と変更し、自分好みに仕上げる。 心象風景。 心の中に描き出される姿・形。 心に浮かぶ像やイメージ。 つまり、切り撮る瞬間に捉えた、自分の心象風景に近づけるということなんだろうな。。。(^^)


返信がありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Author
porfidio
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
Count per Day
  • 819032総訪問者数:
  • 36今日の訪問者数:
  • 119昨日の訪問者数: