YSC Shooting Party No.29


今日は、YSC Shooting Party No.29。

三連休ならびに厚木B-1グランプリ開催をにらみ、いつもより自宅を早めに出た。
早く着いたら着いたで、射撃場近くのコンビニでゆっくりしようと考えてた。

別所から横横道路に入り、保土ヶ谷バイパスへ。
渋滞表示は出ておらずホッとしたのも束の間、本村手前から渋滞に巻き込まれた。
何故?(ーー;)

ほどなく、第三通行帯(追越車線)で4台の玉突き衝突現場に出くわす。
たった今事故が発生したらしく、渋滞表示がされていなかったことにも合点がいった。
後ろ2台は、乗用車とワンボックで結構激しく潰れている。。。

こんな事故は絶対起こすまいと自戒しながら事故現場を過ぎれば、スムーズな流れ。
だが、下川井を過ぎてから町田インターへ繋がる車線がまたしても渋滞。
何なんだ?(ーー;)))

すると、大和トンネル付近で事故が発生し、その影響で既に東名下りは渋滞中との表示。
マジですか?(-_-メ)

ここから忍耐の世界に突入。。。(>_<。) 実に1時間ぐらい掛かって、町田インターから東名に乗れた!? 料金所手前では、一番右の車線でトラックと乗用車が玉突きしている始末。 この時点で、普通なら既に射撃場に到着している時刻だ。 東名に乗っても、相変わらず渋滞中。 携帯には、ぞくぞくとメンバーから遅れます!メールが入電。 そうこうするうちに、大和トンネル手前の事故現場に到達。 既にあらかた処理は終わっているみたいで、ポツンと黒のエブリィだけが車線場に取り残されていた。 この現場も、第三通行帯(追越車線)で事故が発生している。 結局、3つの玉突き衝突事故に遭遇した。 その後はスムーズに流れ何とか間に合ったのだが、所要時間はいつもの倍以上の2時間ぐらい掛かってしまった。 また、3つの玉突き衝突事故は、そのどれもが一番右の車線で発生していた。 これって、個人的には興味深い事象であり、これまで自分が遭遇した事故現場はやはり一番右の車線が多いような印象がある。。。 で、射撃のほうは? 渋滞の疲れのせいか、最後の最後でシングルスコアに転落!?(T-T) と言っても、渋滞には辟易したが、天気も良く、気候も良く、メンバーも多く集まれたので、気持ち良い時間が過ごせたのが事実。 これで、充分かなと。。。(^^;)


「YSC Shooting Party No.29」への2件のフィードバック

  1. usagi より: 返信

    >porfidio 今日はお疲れ様でした。

    三つの玉突き事故があった訳ですか!
    どうりで、高速を逃げ出しても渋滞
    わずか6km走るのに1時間もかかる訳ですね。

    私の事故も第三通行帯に移動するバイクに
    接触されたものです。実際はそんなに変わらないのに、少しでも早く動くのではないかと思い
    移動する。みんなが早く動こうと考えている中での安全確認が不足してしまうのかもしれないですね。まぁ割り込みされるのも嫌なので、
    譲り合いの気持も薄れるのかもしれないですね。

  2. >usagi
    難しいものだと思います。
    自分が自信を持って止まれる、あるいは回避出来る距離を開けて走っていても、そこに車線変更して入ってくる車両がたまにいます。
    すると、自分は再度自分の車間距離を確保するため、スピードダウンをしなければならないのです。
    そして、自分の前に入って来たドライバーは、その車間距離で止まれる自信があるのかな?と。。。
    そんな一瞬の間(魔)で、事故が起きるのだろうと感じています。

コメントを残す