エゾシカ肉の宅急便。


今日は休みを取った。
別にエゾシカの宅急便が来るからではなく、誕生日が過ぎたので所持許可更新手続き中であった許可証の書き換えのため所轄に行きたかったのと、郵便局に所用があったこと、そしてちょっと休息が欲しかったから。

所轄の担当官がやはり異動になり、新しい担当官になっていた。
初対面の挨拶を交わし、許可証の書き換えも無事に済んだ。

その足で、そのまま郵便局へ。
郵便局では、ブルーリボンバッジ購入のための振込を。
仕事上スーツの襟元に付けることは憚れるが、ビジネスバッグとプライベートではベースボールキャップと射撃ベストに付けて意志表示をしようかと。(^^)v

そして、帰宅し昼食を摂った後、タイミング良く宅急便屋さんがやって来た。(笑)

ドーン!とエゾシカ肉の到着。

(この時点で、女房は台所からベイルアウト!(爆))

射友が西興部へ行って来たのだ。
初めての狩猟でめでたく2頭も仕留めたのだが、冷蔵庫が小さく肉が入らないので預かって欲しいと!?
何なら食べちゃっても良いですと!(^o^)/

5Kgぐらいと聞いていて、何とかなるかと思ったのだが。。。

取り急ぎ荷を解けば、肋が3〜4枚ともも肉?が少し。
あれ、ロースは?(笑)
その量を見て嫌気がさし、一瞬そのまま冷蔵へ入れちまうかと思ったが、大バラしの状態だったので軽く掃除だけすることにした。

時期的なものもあるのかと思うのだが、こちらのホンシュウジカに比べ脂肪が厚いことを知った。
良く北の大地のハンターはミラーフィニッシュのブレードを使うと言うが、その理由を経験をもって理解出来た。
猪と同じように、脂肪がブレードにこびり付く。
今回は台所でお湯が使えたから良いのだが、これが真冬のフィールドだったら難儀するだろうと感じた。

で、クズ肉を切り取り掃除が終わったのだが、やはり肋が3〜4枚の量はそう変わるものでもないし、大体骨付きの肋なのでどうしても嵩張る。
スペアリブ用に肋一本ずつにバラそうとも考えたが、人様のお肉だし、そこまでやるとかなりな作業量になるのでここで終了。

とりあえず冷蔵庫には無理矢理押し込めたのだが、他の食品が入らないんですけど!?(/_ _ )/


「エゾシカ肉の宅急便。」への4件のフィードバック

  1. お願いするんだから、ちゃんと均等になるようにと言ったんですけど、指導不足で済みませんでした。^^;

  2. yoshiri より: 返信

    これは、美味しそうですね。こんなに脂身があるとは!北海道の鹿って良いもの食べているのですね。

  3. >mino
    あはは、当分スペアリブには困りそうもないです!?(爆)

  4. >yoshiri
    多分、良いものを食べているから、こうして捕らえられてしまうのでしょうね!?(^^;)

コメントを残す