銃刀法とナイフ。


スムーズに腹落ちしない。

色々と調べものをしている中で、銃刀法とナイフについて関係性がスムーズに理解出来ない。
気にしているのは、狩猟用のナイフの扱いなのだ。

銃刀法で規制の対象となるのは、「刀剣類」と「模造刀剣類」と「刃物」。

「刀剣類」とは、刀・剣・槍・なぎなたで刃渡り15センチ以上のもの、あいくち、それに「45度以上に自動的に開刃する装置を有する飛び出しナイフ」。
刀剣類であることの要件としては、形態が刀剣類であり、鋼質性であって、人畜を殺傷する能力があるもの、と規定されている。
そして、これらを所持できるのは、公務である場合と、承認を受けた刀剣類の製作業者とその委託を受けた輸出業者であり、それ以外には、特別な場合に都道府県公安委員会で許可を得た者だけである。

「模造刀剣類」は、総理府令で、金属製であって、刀・剣・槍・なぎなたもしくはあいくちに著しく類似する形態を有するもの、または飛び出しナイフに著しく類似する形態及び構造を有するもの、と規定されている。
「著しく類似する」とは、普通の人が見て本物と見分けがつかない程度ということで、一見して子供のおもちゃと分かるようなものはこれに当たらない。
これについては、「携帯」を禁じられている。

「刃物」は、人畜を殺傷する能力を持つ片刃または両刃の鋼質性の用具で刀剣類以外のものを言う。
これについては「所持」は禁じられたり許可を受けることを求められたりしていないが、「刃体の長さが6センチを超える」ものについて、「携帯」を禁じられている。

ここで素朴な疑問として、ナイフは「刀剣類」なのか「刃物」なのかと言うこと。

剣の定義は判る。
要は諸刃(両刃)であり、タガーの類いだ。
槍となぎなたと合口とジャックナイフも判る。

では、ナイフは刀なのか?

警視庁のサイトに、「刃物の話」として掲載されていた。

一方、包丁、ナイフ、はさみ等の刃物は、仕事や日常生活を営む上での道具として必要なものであることから、所持禁止にはなっていませんが、理由なく刃物を外に持ち歩くなどして携帯する行為は、人の生命、身体に対する侵害を誘発するおそれが高いので禁止されています。

一応、ナイフは刃物と言う記述があるが、刃物の定義として、

その用法において人を殺傷する性能を有し、鋼又はこれと同程度の物理的性能(硬さ及び曲げに対する強さ)を有する材質でできている片刃又は両刃の器物で、刀剣類以外のものをいいます。

とある。
ナイフでも、刀と見做されれば刀剣類と言う解釈なのか?

Japan Knife Guild(JKG) では、「銃刀法・軽犯罪法とナイフ」で見解を掲載している。

Pichori と言うサイトでの「刀」の定義であれば、ナイフの形によっては刀になるかと思う。
具体的には、片刃のナイフだと刀と言うことになる。

結局のところ、ナイフが刀剣類となるかは明確には判らない。
また、所持と所有が異なることと保管・携帯・運搬の解釈。

「所持」とは「そのものを自己の支配し得べき状態に置くこと」であり、その所持の様態として「保管」、「携帯」、「運搬」などがある。
「所持」は「所有」とは違うのであって、例えば、自分の持ち物でない他人のナイフを預かって持ち歩いても「携帯」とみなされる。
携帯とは、屋内・屋外を問わず、所持者が手に持ったり、身につけたり、その他それに近い状態で現に携えていると認められる場合をいう。
運転中の自動車の中に置くのも携帯となる。
但し、日常生活を営む自宅ないし自室でそうしても携帯とはみなされない。

正当な理由が無い場合の携帯については、刃体の長さが 6cm を越えていなくても軽犯罪法での取り締り対象となる。
例えば、ロック機構が無い Victorinox のミニでも持ち歩きは NG だ。

色々と調べてみたが、とても難解な世界だ。
では、狩猟時におけるナイフの取扱いはどうしたら良いか?

自分なりの解釈と結論を出した。

狩猟用途のナイフは刃物だと認識する。
JKG の QA 内にも、

ナイフは、道具としての実用が基本で,現在伝統工芸品とされている「刀、剣、槍、なぎなた等」とは異なります。

とある。
しかし同時に、

刀に似ていてはだめです。

ともある。

よって、狩猟用のナイフは、その刃体は 15cm 未満のものをチョイスして使用する。
そうすれば、最悪刀、つまり刀剣類と判断されても、15cm 以上と言う銃刀法上での条件をヘッジ出来ると思う。

また、猟場での使用については、狩猟を正当な理由として所持をする。
但し、身につける(ベルトに付ける)のは猟場のみとし、運搬においてはシースに格納し、タオルなどで巻いて梱包し、バッグ内に納めておく。

このふたつのポイントを自分の判断基準にしようと思う。

ただ、改めて思うのが、このようになってしまった経緯。
街中でタガーナイフを持ち歩き、無差別に人を襲う事件などが起きたから。
でも、道具を使うのは人であること。
その人が誤れば凶器にもなる。
上手く使えば、素晴らしい道具となる。

危ないものはすべて排除すればそれでいいのか?
危ないものをきちんとコントロールしてこそ人間ではないのか?
銃一丁、ナイフ一本も扱えない大人が増える世の中が好ましいものとはとても思えない。
そんな大人たちが成熟した大人の社会を作っていけるとも思えないと。。。


コメントを残す