ここ最近痛感していること。

iMac をそこそこのスペックで購入しておいて正解だったと。。。

自分の現 iMac は、
iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015)、
プロセッサは 4 GHz クアッドコアIntel Core i7、
メモリは 32 GB 1867 MHz DDR3、
ストレージは 32 GB 1867 MHz DDR3 の 2TB 。

2016 年の夏に新調した。
その時の最上位の最大スペックで。

これまでは趣味の世界での使用だったが、今後は仕事で使用となる。
よく言われる表現として、iMac が母艦となる。
サブ機として、所有している iPad(iPad Pro 9.7inch)と新規に調達しようと考えている Macbook Air 。

で、およそ 3 年以上経つ現 iMac が、今でも十分に仕事にも耐えられるパフォーマンスを保持していることがとても嬉しく、結果として正しい選択だったなと。

購入当時、やっぱり高い買い物だったけど、これからの新しい仕事にも通用することが新たな出費を招かないことに繋がり安堵している。


返信がありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Author
porfidio
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
Count per Day
  • 819030総訪問者数:
  • 34今日の訪問者数:
  • 119昨日の訪問者数: