この時期、宅配業者さんが大忙しとのこと。
何となく分かる。
かく言う自分も。。。

アルバイトドライバーで外出することを除けば、基本自宅に居るわけで。
自宅に居ればパソコンの前に居る時間が長くなり、昔で言うネットサーフィンとなる。

で、そろそろ洗車やワックス掛けをと思い、色んな情報を得始めると。。。

Car Detailing.

カーディテイリング、カーディタイリング、カーデティーリング。
英語圏では、”Auto Detailing” らしい。

クルマを細部まで徹底的にキレイに仕上げ、車両全体を美しくする作業という意味らしい。

自分の場合、二駆の乗用車になるとそっち方向への食指が動き始めるみたいだ。
ジムニーシエラだと、そのような気持ちにはならなかった。
でも、ここにきて俄然と気持ちが動き始めた。

契機は YouTube 。

宮崎の出張洗車ワックスウォッシュ」さんの動画を観て感化され始めた。
あと、ブログも面白い。

GSでキーパーを知り、資格を全て取得→コーティング屋を立ち上げる→ プロ用のコーティングを5年間施工。有名コーティングをほぼ網羅→ コーティングの限界を知る→やっぱり、こまめに洗車をしてワックスが一番じゃね?→ コーティング屋を辞めて、洗車専門店を立ち上げる(今ここ)

YouTube 洗車専門店ワックスウォッシュ

「やっぱり、こまめに洗車をしてワックスが一番じゃね?」

このセリフに惹かれてしまった!

自分のラパン モードもディーラーさんでコーティングはしてもらっている。
あくまでも気休めの保険的な意味合いで、グレードが上のものではなく一番下のグレード。
そもそも撥水性と言うだけで、どのようなコーティング内容であるかは詳しく分かってはいないのだ。

で、ワックスウォッシュの川上さんの動画を観始めて、何か心地良さを感じ始めてしまった。
「いいな、こういうの♪」
とてもイイ雰囲気で、楽しみながら作業をされていると感じた。

洗車をして、細部まで刷毛などを使って綺麗にして、ボディ状態によってはケミカル剤で鉄粉とスケール(雨染みやウロコ)(コーティングをしても避けられない事象)を除去して、石油系溶剤を含まない天然素材系ワックス( ZymolSWISSVAX など)でのワックス掛けで仕上げる。
いくら高価なコーティングをしても、結局鉄粉と雨染みスケールなどは避けられないので、この定期的なメンテナンス方法が一番良いのでは?との考え方。

御意。

先日購入したシュアラスターのマンハッタンゴールドも以前使用してたワックスも、石油溶剤は含有されている。
マンハッタンゴールドは購入したばかりだしなぁ?とも考えた。

ただ、セカンドライフに突入したが、COVID-19 で当初計画を変更せざるを得ない。
それに、この状況は一年間ぐらい続くのかとも感じている。
セカンドライフでは射撃にも足繁く通おうかと考えていたが、それも空気が読めない行動なので自粛。
となると、趣味的な行動で言えばワークアウトだけぐらいだ。
であれば、アグレッシブな外出ができない現状下、自宅の駐車場で楽しめるカーディテイリングを追加したらより良いのかも知れないと感じた。

ただ、当然イニシャルコストは発生してしまう。

また、隠密行動を実行するかとも考えたが、そんなに後ろめたいことでもない。
それに、早期退職した今は、あまり秘密を持ちたくないと思っている。
正直に妻に吐露して相談をした。
そして、めでたく承認をされた!

とは言え、SWISSVAX は高価過ぎるので憧れの Zymol とそのほか必要品をポチッとさせてもらった♪
つまり、宅配業者さんを忙しくさせてしまった。。。

当然、自分は手で塗ることなんてするつもりはない!(笑)

そして、何故高価なのかも川上さんのブログを読めば、そうだよな!と。

家に居ながら(厳密には駐車場だけど!?)楽しめることをやっていこう♪


返信がありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Author
porfidio
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
Count per Day
  • 819030総訪問者数:
  • 34今日の訪問者数:
  • 119昨日の訪問者数: