自転車のシフト操作。


自転車は、アルバイト先への移動に日々使用している。

昔も一時期ママチャリを所有していた時がある。
盗難されてしまい、一年後ぐらいにボロボロの状態で発見され廃車に至った。

その時代といまの時代を比べると、ギアチェンジがスムーズにビシッと入ることに驚いている。

昔もこのようなインジケーターが付いていたが、昔はギアの数字を合わせても微妙な入り方で前後に少し動かしてキッチリと入った記憶がある。
それに、経年劣化によってインジケーターの窓が曇ってしまい、いま何番なのか識別することが困難になってしまっていた。
だから、全て感覚で操作していたのだが、今は違う。

ガシっ、ガシっと数字をインジケータ窓に合わせると、必ずそのギアに入るのだ。
癖で、少し前後に操作しちゃうと、逆にキッチリとギアが噛み合わなくなる。
すごいなぁ!

あと、ママチャリを購入する際、色々と見たのだがギアはほとんどシマノ製だった。

この領域は、ほぼシマノが制覇しているのだね。

シマノって、釣具屋さんだと思っていたから。。。(笑)


コメントを残す