アイドリングストップ機能。


アイドリングストップ機能を切るようにした。

その挙動にどうにも馴染めないし、バッテリーやオルタネーター、それにエンジン自体にも優しくないと思った。
優しいのは環境に対してだけだと。

送迎車もワゴン R に代わりアイドリングストップ機能が付いている。

ラパンモードにも付いている。

信号待ちでアイドリングがストップして、発進する際にブレーキから足を離すと同時にエンジン始動となりアクセルを踏み込む。
エンジンが始動した時、ブレーキから足を離しているし、D レンジに入れたままだから始動した際に勝手にグッと前に進もうとするショックがある。
同時にアクセルを踏み込むので、グッとしたショックに続いて加速するショックの二段階ショックが生まれてしまう。
また、エアコンを使用するこの季節、これらのショックは一層大きくなる。

それに、エンジン始動と同時にアクセルを踏む行為も、クルマに対しては良くないと深層心理に刻まれている世代。
エンジン始動後、回転数が落ちてからアクセルを踏むべきだろうと。。。

そして、本当に燃費が良くなるのか?

エンジン始動時の燃料消費は大きいものだし、バッテリーの電力消費も考えれば、その効果はあまりないと感じている。
燃料消費にそれほどの差異がなく、バッテリーの負荷が増えることによりその寿命が短いサイクルとなる。
となると、バッテリー交換の頻度が上がってしまい、トータル的に考えると本当に良い機能か懐疑的になってしまった。

唯一、排気ガスの二酸化炭素排出が抑えられることだけがメリットじゃないのかな?

先日窓を開けてラパンモードに乗っている時、信号待ちで後ろにポルシェが止まった。
信号が変わり走りだすと同時に、エンジン始動の音が聞こえた。
う〜ん、ポルシェにもアイドリングストップ機能が付く時代なんだね!?(°_°)

アイドリングストップキャンセラーまで導入しようとは思ってないけど、エンジンを掛けるのと同時にアイドリングストップ機能は切るようになり始めた。

 


One Reply to “アイドリングストップ機能。”

  1. K.Yamazaki より: 返信

    多分国産車もコーディングできると思うのでOFF記憶化した方が絶対に良いです!
    僕の車も納車後速攻でアイドルストップOFF記憶化しました。

コメントを残す