丸い腕時計とブレスレットライクなライフログバンド。 #2


Apple Watch の価格の高さに辟易し、fitibit Versa 2 の大きさも馴染めないと判断して、丸い腕時計とブレスレットライクなライフログバンドにしようと決めた。

腕時計は G ショックか TIMEX にしようかと考えていたが、今のライフパターンだと安いやつで十分じゃね?、と思い始めた。
探してみれば、価格が 1 円で送料の方が高い良く分からない腕時計もあったが、チプカシと同じような価格でシチズンの Q&Q シリーズというモデルを見つけた。
1,000 円を切る値段で、プライム対象なので送料無料。
腕時計の電池交換料金よりも安い!?(爆)
まあ、ダメだったとしても後悔する価格ではないので、迷わず買ってみた。

10 気圧防水で、ムーブメントはシチズン製、組み立てが中国。

なかなかツボを押さえている戦略だと感じた。
電池は 3 年間保つそうだけど、この価格であれば電池交換せずに買い増しすると思う。
そもそも、xx 気圧防水の腕時計電池交換には懲りてしまっているのだ。

以前身に着けていたカシオのプロトレックもそうだったし、セイコーのクロノもそうだった。
電池交換してから曇ったり、動作がおかしくなり始めた。
だから、腕時計はソーラーか機械式しか信用できなくなった。
裏蓋を極力開ける必要がなく、開けたとしてもデリケートな作りでないもの。

今のライフィスタイルだと、これで十分だと感じた。
少しサイズが小さいけど、やっぱりアナログだと見やすいもんだ!

そして、同時に fitbit Alta HR もポチった。

Charge 2  があるけど、細身のブレスレットみたいなやつがイイと。

はい、理想的なサイズです!
バンドカラーはブルーグレイにした。

Charge 2 と異なりスマホの GPS 連携はできないけどそれで良い。
あとは、自分がエクセサイズメニューを選んでロギングすることができなかった。
そこは盲点だったが、自動エクセサイズ認識はある。
今日ジムで試してみたのだが、良く分からないけどアクティビティエクセサイズとしては記録されてなかったけど、アクティビティ時間には計測されていてカロリー消費もそれなりに計算されていた。
であればイイんじゃないかな?と感じた。

新たな腕時計とライフログバンドを身に着けて過ごしてみたが、スッキリとした気分になった。

やっぱり、腕時計は腕時計であるべきだし、ライフログバンドはライフログバンドであるべき。

多機能で高価格なものが必ずしも良いとは限らないんじゃないかな?

 


コメントを残す