デリバリドライバーの気遣い。


先日オーダーしたアマゾンの品々。
宅配ボックスナンバーが書かれた紙を見れば、、、

「おそくなりましてすみません」と一言添えられていた。
時刻は 23:20 。

なんかこちらこそすみません!!との気持ちになった。
物流が大変な時にオーダーしてしまい、微妙な気持ちになった。
23 時の配達であれば、翌日で良かったのにとも思った。

アマゾンでの配達は、コロナ自粛の頃から「置き配」指定をデフォルトに変更した。

「置き配」であれば、呼び鈴を押してわざわざオートロックの入り口を入り、居宅階まで上がり手渡しをする面倒臭い行為を省略できるから。
それに、人との接触をヘッジできる。
何よりも、「置き配」であれば不在の再配達や配達時間のロスを削減できてデリバリドライバーの負荷も減ると思ったから。

送迎ドライバーのアルバイトをし始めてから、その辺に気付き始めた。

やっぱり時間がずれることは周知してるものの、決めた基準時間通りにお迎えをしてあげたい。
だけど、その日の渋滞状況や開かずの踏切の状況や先行ピックアップ通所者さんの乗降時間状況により変動してしまう。

昔からドライバー業務に憧れていた部分があって送迎ドライバーをアルバイトとして選んだのだが、正直ドライバー業務を甘くみていたと最近痛感している。

やっぱり、プロのドライバーは大変な仕事だけど、格好いいと思っている♪

 


コメントを残す