マイナンバーカード電子証明書更新。


マイナンバーカード電子証明書更新のため、午後は区役所へ。

マイナンバーカード電子証明書更新は予約制となっているが故に、サクッと簡単に終わった。
ただ、隣のブースでは老夫婦の方々が、係員に誘導尋問っぽくされながらなんとか更新をされていた。
それも暗証番号を何度も声に出して遣り取りされているので、しまいには自分が覚えてしまった!?(爆)

でも、仕方ないと感じる。

マイナンバーカードの暗証番号って 4 種類もあるのだもの。

住民基本台帳用(数字 4 桁)、券面事項入力補助用(数字 4 桁)、利用者証明用電子署名書(数字 4 桁)、署名用電子証明書( 6 ~ 16 桁の英数字)。
自分だって何がなんだか分からないよ!(怒)

自分の場合、数字 4 桁の暗証番号は全て同じにしてある。
だから、数字 4 桁かそれ以外で覚えられるようにしてある。

今時 Windows の IE だけと言うマイナポイント登録のシステム要件もそうだけど、マイナンバーカードの暗証番号にしてもなんか時代遅れの感が否めない。
クールじゃないのだ。。。

何かをしようとする時に、頭を使わせることは良くないと思う。
特に公共的なサービスでは。
Apple が使用手引書を同梱しないぐらいのクールさが欲しい。

かく言う自分もひとつだけ尋ねることがあった。

暗証番号の更新と言えば、古い暗証番号は今後使えず新しい暗証番号で登録するものと思っていた。
でも、違った。
暗証番号の有効期限が切れるので、有効期限延長のアクティベーションだったのだ。
つまり、暗証番号は何ひとつ変わらない。。。
そう、暗証番号の更新ではなく、電子証明書の更新!!
全くもって自分の勘違い!?(笑)

ただ、老齢化社会が加速するこの国において、有用なセキュリティって生体認証なのかな?と今日感じた。

沢山の種類の数字や英記号は、物事を複雑にするだけで利便性を犠牲にしてしまっている。
暗証番号なので、その性格からそのようになることは自然であり理にかなっている。
だけど、今回の老夫婦の方々のように難儀をしてしまうと、難儀なものだとレッテルを貼られる。
そうなれば、使用することを躊躇する結果となり、サービス利用から遠ざかる皮肉な結果になるのかと感じた。

であれば、誰もが頭を使うことなく使用できるセキュリティ手段は生体認証なんだろうと。
何ひとつ覚えなくても、自身が手ぶらで出向けば事足りる。

いずれ、自分だって年老いて訳が分からなく時が来る。
そんな時には、人に優しいサービスに変貌を遂げておいて欲しい。

で、ついでに所得証明書と身分証明書も取得した。
その際、同フロアでマイナンバーカードの新規発行の窓口があったのだが、そちらは大々的に混んでいた。

令和2年7月1日からのマイナポイント申込みの開始に伴い、 7月1日以降、7月上旬ごろまでの間、区役所戸籍課窓口の混雑が予想されます。
そのため、マイナンバ―カードの電⼦証明書の発⾏・更新や暗証番号の再設定等の⼿続きについて 、システム処理の遅延が発⽣し、⻑時間お待ちいただく場合や、早めに受付を終了する場合があります。

マイナンバーカードの電子証明書の更新について 横浜市

マイナポイントだね。

うん、人に優しいサービスのみならず、Mac だからとか環境差異(差別)がないシームレスなサービスでもあって欲しいな!

 


コメントを残す