iPadのキーボード。


iPadのキーボードが届いた。

これまでとは容姿が変わって、一回り大きくなってしまった。

まあ、キーボードも一緒に格納されるケースなので致し方なしだよな。
手軽なタブレットからPCライクなタブレットへ変わった認識。

早速使ってみたのだが、キーボードはまあこんなもんかなという印象。
薄く小さく充電式なので、タイピングフィールを望んじゃいけないものなのだろうね。
当然違和感はある。

タッチパッドのタッチフィールも同じような感じ。
これも違和感はある。

ただ使えないものではない。
充分に使えるし、iPadの新たな世界を垣間見始めている。

まんまPC風情となる。
ノートブックPCと異なり、すぐに立ち上がる。
それに、Apple Pencilが格納できるスペースがあるのだ。
これが至極便利。
ペンシル自体を落としたり、キャップが外れて落としてしまう心配はなくなった。

ただね、キー操作を覚えばければならない。
ショートカット類を。

PCと同じように使うと意図しない結果となることがある。
macOSではなく、iPadOSなので当然なのだが。

まずは、それらを習得しなければ。。。

 


コメントを残す