思い返せばシャープエースハンターは、鳥撃ち猟に使用したがその一回のみだった。。。

今回の所持許可更新で実績を作るため、久里浜の花の国にあるエアライフル射撃場へ行ってきた。

エアライフル射撃場を訪れるのは初体験。
1 時間 260 円という格安の費用に驚いた!?

屋内であるが故に、空調も効いていてホッとした。
初めてであることを伝えると、射場長らしきお爺さんに驚かれた。
なんでも、新型コロナの影響で横須賀市ライフル射撃協会のメンバーしか使用できない?ようことを仰っていた。
だが、べらんめぇの射場長は、「来ちまったもん撃たないで帰れとは言えねからな!」と受け入れでくれた。(笑)

10m 先に的がある。
初めは下の茶色の小さな紙的を撃つように言われた。
黒色部分に当たれば、上の的を撃って良いと。。。

ポンピングを開始すると射場長が、「パコンパコン音をさせてはダメだ。」と言う。
「エースハンターはな、ポンピングの際に指を挟み込んで音が出ないようにポンピングして、最後に静かに閉じるんだよ。」と教えてくれた。
なるほど!
そもそも、猟場でパコンパコン音を立てればせっかくの獲物も逃げてしまうもんなぁ。。。(汗)

あとは、ポンピング回数。
5 回ぐらいかと思ってやると、3 回で十分だとアドバイスをもらった。

自分、エアライフル、つまりシャープエースハンターのことは何も知らないのだと痛感した。

よろしくないな。。。

で、2 発目で下の茶色の小さな紙的の黒点に入った!
射場長から上の的を撃つ許可をもらえた♪

上の的は、着弾点が射台前のディスプレイに表示される。
これはすごく便利だった。

合計 22 発を撃ち込んだが、右上に纏まる傾向があるようだ。
1 発だけ 10 点のど真ん中に撃ち込めたが、その 1 発だけだった。

スコープ越しに狙う的は揺れる。

このエースハンターは射友から譲り受けたもの。
鳥撃ちで使用していたものなので、自分でゼロインはしていない。
集弾性は右上にいくものの、纏まっていた。

だけど、真ん中に当たらないとダメっぽい雰囲気なので、真ん中に当たるように左下を狙い始めた。
すると、スコープ越しに狙う的の揺れが大きくなり始めて、その後ボロボロの状態になってしまった。
クレー射撃と同じ状態。

あれやこれや考え始めてしまったのだ。
このエースハンターのスコープ、わずかにレティクルが左に傾いているのだ。
その影響を考えてしまったり、射友のゼロインは 50m ぐらいだったって言ってたっけ?、それが 10m だとどうなるんだ??とか、ポンピング回数が 10 回と 3 回だとその差はどうなるんだ?とか、もう悩める仔羊状態になり自滅してしまった!

今から思えば、今日は的の真ん中に当てようとはせず、決まった場所にレティクルを合わせて継続して撃ち続ける方が良かったのだろうと反省をしている。
集弾性を把握してから、後日再度スコープの調整をするべきだろうと。

まあ、初めてのエアライフル射撃場の経験だったので、舞い上がってしまっていたんだよね。

でも、台に載せて撃っても、スコープ越しに狙う的は揺れるものなんだよな。。。

 


返信がありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Author
porfidio
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
Count per Day
  • 819032総訪問者数:
  • 36今日の訪問者数:
  • 119昨日の訪問者数: