畳替え。


先日、畳替えの依頼をした。

我が家の和室は一部屋だけ。
ナッシュがいる頃はナッシュの部屋であり、ゲージを移動したりナッシュが掻き毟ったりと結構痛んでいた。

もうこのマンションに引っ越して 20 年ぐらい経つ。
妻がそろそろ畳替えをしたいと言うので、時期的にもやるべきだろうと思い畳屋さんに来てもらった。

畳床は未だ大丈夫だったので、畳表と畳縁をリニューアルすることにした。

畳表のイグサの説明を初めて聞いた。
安いものは中国産で、高いものは熊本産。
ぱっと見ですぐに自分でも識別できてしまった。

端っこの色が違うのだ。
中国産は端っこが白っぽくなってしまっていて、熊本さんは端から端まで薄緑だった。
熊本産でも少し白っぽいものがあるのだが、安価になっている。
中国産と熊本産では、イグサの加工方法が違うようだ。

天日干しが熊本産で、乾燥室に入れてしまうのが中国産。
中国産は、色合いを出すために何かを入れて煮込んでもいるそうだ。

妻の要望を聞いて、熊本産をチョイスした。

畳屋さんから、ご挨拶代わりの畳の敷物を頂戴した♪

今週中頃、朝に引き取って夕方にはできてしまうとのこと。
あっという間にできてしまうんだね。

 


コメントを残す