重複する無駄。


今の iPhone のケース、ツルツルスベスベのタイプのもの。
例えば、クルマのダッシュボードに置くと滑り落ちてしまう。
手に保持しても、結構滑る。
このケースを購入するとき、ラバー系にしようか悩んだ記憶がある。

クルマを運転する機会が増えた今、またこれから一層運転する機会が増えることになるので、ラバー系素材のケースに新調した。

同じパワーサポートのラバー系。
やっぱり滑りづらく、扱いやすいね♪

そして、iMac で使用している Magic Trackpad 2 。

だいぶ前に触感フィードバックが壊れて、クリックできたかできななかったかの感覚を消失してしまっていた。
Magic Mouse 2 で代用していたが、意図しないタイミングで拡大表示されてしまうことに閉口していた。
そもそも、カーソル移動はトラックパッドの方が優れていると感じていた。
指先で移動することと、手首を動かして移動するのことの差。

ここ最近、勉強や開業準備で iMac の使用頻度が増加してきていて、従来は感じなかったことがストレスとして感じるようになってしまった。
悩んだ末に作業効率アップと先行投資を言い訳にして、お高い Magic Trackpad 2 も新調した。

だけど、とても複雑な気分だ。
同じものがふたつある理不尽さに。。。

壊れているトラックパッドは iPad で使おうと思っている。

とは言え、iPhone ケースもトラックパッドもふたつあることには変わりなく、重複する無駄だなと痛感している。

 


コメントを残す