時は金なり。


キャリコンサルタントの世界もそうだけど、貨物運送の世界も自分が知らない世界。
その世界へ入る準備をし始めると、時間が幾らあっても足りない状況になる。

はい、両者とも段々と時間が無くなってきました!?(爆)

運賃について山は越したと思っていたけど、午前中の準備で未だ五合目ぐらいだと知った。
貨物軽自動車運送事業を届けるにあたって、書類を揃えることは容易い方だと感じた。
要は、ファジーで OK なのだ。
とは言え、せっかく作成するのだから、作ったものがその後も独り立ちしてオフィシャルに活用できるレベルが良いと思い深堀をした。

例えば、サンプルで記載されている内容が理解できない部分がある。
でも、そのままで届け出ても構わないらしい。。。

自分が理解できない内容を届け出てしまうことに引っ掛かってしまうのだ。
そして、どんどん書き方の事例を調べて、自分が理解できて納得できるレベルまで仕上げる。

そうかと思えば、知らない手続きに遭遇したりもする。

一人親方の世界に旅立つのだが、病気や所用で穴を開けてしまう可能性がある時、同業者へ代行(外注)してもらうしかないはず。
そんな時、正式には「貨物利用運送事業登録」をしなければならないことを知った。
まあ、ここもファジーな部分がありそうなのだが、ちゃんとやっておこうと思い調べ始める。
当然、時間を食ってしまう訳。

運賃がらみで、例えば法人や個人事業主相手だったら請求書後払いが好まれるよな?と思った。
だけど、その売掛回収でよろしくない状況になった時、どうする?
その対応策やサービスはあるのかと思って調べ始める。
またまた時間が掛かってしまう訳。

同様に、カード決済やバーコード決済も可能であれば、利便性が高くポイントアップだよな?と。
それを実現する手段はあるのかと調べ始めてしまう。
ますます時間を使ってしまう訳。

時間がなくなることには嫌気が差すけど、知らない世界を調べるて知ることが愉しくて仕方がないんだよな。。。(笑)

 


コメントを残す