貨物保険とファクトチェック。


「運送業者貨物賠償保険」と言うのかな?
要は、貨物保険と呼ばれるもの。

軽自動車を使用した運送業を行うフリーランサーには、ほぼ必須の保険。
積荷に損害が発生した場合にその賠償補填をしてくれる。

ここ数日、開業してから 1 年間の収支見通しを立てている。
その作業の中で、明確にできず腹落ちできなかった費目がふたつあった。

車両の任意保険料と貨物保険料だ。

まず、任意保険は自家用から事業用に種別変更となり、使用する頻度(時間)が多くなり使い方もヘビーユーズとなるので保険料が高くなることは理解していた。
それに安価なネット保険では自家用しか受け付けておらず、事業用は昔のように代理店でしか扱っていない。
その点からも保険料は高くなると認識できていた。
ただ、ネット上では等級は引き継げないから保険料が高くなるとの情報が多々あった。
それとは別に、等級を引き継げる方法もあると。

どっちなんだろう?

次に貨物保険だけど、自分が試算した保険料とネット上に出回っている一般的な保険料の金額差異が桁が違うほどあったのだ。
ただ、ネット上に出回っている情報(保険料金額)は、損保会社のウェブサイトにある参考金額だと分かった。
どの情報でもほぼ同じだもの!
ただ、自分が試算したのはパンフレットの計算式に則って計算した。
ネット上は 20~50 数万円、自分の試算は 2 万数千円!?
差があり過ぎだろ!!

収支計画では、支出を過少に設定すると現実で痛い目の合うはずだから高い金額をプロットしていたが、既に収支が破綻していた。(爆)

この新しい世界では、自分はド素人。
勝手な思い込みや判断は致命傷になる。
よく分からないことは、その道の第一人者に確認するべき。

そう思い、近場の保険代理店に連絡をして、今日相談をしてきた。
つまり、ファクトチェックだ。

最初に任意保険の等級。
引き継げるじゃんか!

ただ、新規の車両、つまり購入後初めての任意保険だとダメみたい。
自分の場合、エブリィバンを購入して自家用として以前の保険等級のまま契約をした。
これがミソみたい。
で、今回営業ナンバーに変える予定なのだが、営業ナンバーに変える場合車検証上「自家用」から「事業用」に変更となる。
要は、新規ではなく区分の変更扱いとなるので、等級が引き継がれるとのこと♪

これは、ディラーでもネット上と同じことを言われていた。
「等級は引き継げないと思います。」と。。。(怒)

そして、貨物保険の保険料。
自分の試算結果が正しかったよ!

ネット上の情報は、大手の運送法人クラスの保険料例であって、全然異なる。
ネット上では、自分がターゲットにしている損保会社の金額が20 数万円だし、他のお高い損保会社の金額は 50 数万円となっていた。
いずれも、その損保会社のウェブサイト上の例となっている金額の丸写し。

つまり、ネット上に溢れている軽貨物開業の情報の中には、実体験に基づいた内容ではないことも多いということ。(当然そうでない人もいる。)
現実を知らない人、つまりその現場を経験していない人がネット上で検索した結果をもとに記載している情報だと推測した。
いや、そう確信をしてしまった!

では、嘘をついているのかと言えば、嘘はついていない。
この金額だとは断言していないし、こんな感じですレベルだから。

ただね、今日は今更だけどファクトチェックの重要性を痛感し、肝に命じた。

ここ 1~2 年の間に、ギグ・ワークやギグ・エコノミーという言葉が流布し始めた。
でも、昔で言えば赤帽や軽急便などだよね。(笑)
その手(「軽貨物」や「ギグ・ワーク」や「ギグ・エコノミー」など)の情報をネット上や YouTube で検索してみればわかるはず。

YouTube 上では、特にキャッチーな表題が溢れている。
興味を抱いて観てみれば、表題との関係性がなかったり相反する内容となっている。
つまり、アクセス数を稼ぎたいだけ。

でも悪いことではなく、あくまでも稼ぐ手段なのでどうでも良い。
情報の坩堝と化した情報過多の世界で、真実を見極めるのは観る側の役目。

でもね、領域は違うけどこんな良心的な思いで動画を作ってくれている人もいる。

でだ、確認した保険料で収支見通しを修正したら、だいぶマシな結果となった。
とは言え、まだまだ通年毎月赤い字が羅列しているので、色々と対策を考えねばならない。(泣)

現実はいつでも厳しいと認識しているし、自分が捨てたものの代償の大きさは理解している。
でもね、やっぱりズーッと手に入れたいと思っていたものをズーッと我慢していることも、ある一面では自分に対する裏切り行為である訳で。
言い換えれば価値観の問題だろうと。。。

そんなことを考えながらチャリンコに戻れば。

一瞬、身の毛がよだつほど焦った!?

でも、クルマのそれとは違うのね。

良かったー!(笑)

 


コメントを残す