薬。


薬で予防ができるのか?
知らなかった。

「運動・食事・脳トレ」と「世界各国で進む研究」のキーワードが目に付いた今日の朝刊。
実は「脳トレ」が「筋トレ」だと勘違いしてた!?(笑)

デイサービスで、利用初期は普通に歩いて普通に喋っていた利用者さんが、日に日に歩けなくなる現状を目にしてきた。
その傾向は男性で、たまに言葉を荒げて激昂してしまう方たち。
その興奮状態を抑えるために服薬をされる。
これは致し方無いこととは感じるけど、薬量が増えると歩くことが困難になってしまう。

具体的には歩幅が異様に狭くなり、後ろへ重心を掛けた摺り足となる。
全ての方がそうだった。
そして、車椅子を使用することになり、自力で歩くことが減りますます歩けなくなる悪循環。
興奮状態を抑える薬のせいだと自分は認識している。

新型コロナの対応よりも、個人的には対認知症の光明が早く見えて欲しいものだと感じている。

 


コメントを残す