最後の失業認定。


今日はハローワークへ行って来た。
多分、最後になるであろう失業認定へ。

ここ数回に渡るメチャ混みの状態は回避されたようだった。
結局半年ぐらい来たのかな?
次は、開業報告に来て失業状態ではなくなったことを報告して終わり。
少し感慨深いものがあったよ。

あと、昨晩失業認定の提出書類を準備している時、アルバイトの給与明細を確認していて面白いことに気が付いた。
アルバイトも半年ぐらいやっているのだが、これまで頂戴した給与の合計金額が在職時の手取り月給ぐらいになっていた。
つまり、アルバイトを半年間やった成果は、在職時の一ヶ月の手取り月給と同じぐらいということ。
ここまで差が開くなんて面白いもんだと感じた。

改めて、働く意義って何なんだろうね?

 


コメントを残す