石跳ねでの傷。
タッチアップをしなきゃと思いつつ、放置状態にあった。
そして、先日洗車した時にその傷が少し茶色くなっていることを発見。

錆?

そのままタッチアップペイントで補修するよりは、錆を落としてから補修した方が良いと思い錆落としを手配した。

全部で三箇所。
フロントボンネットの縁にふたつと、右スライドドアにひとつ。
サビが浮いてきたのは、フロントボンネット。
とは言っても、石跳ねの傷なので、1 〜 2mm の小さなものだ。

そして、この手の商品を探すと、必ずホルツとソフト 99 の二択になる。
どちらが良いのか分からないけど、今回はソフト 99 を選んでみた。

水垢落としやコーティングの補修などを含め、一度一日掛けてメンテナンスをしようかと思っている。
それに、新しいステッカーやキー連動自動格納ミラー装置なども手配済みなのだが、未だインストールをしていない。

最近、何かを後回しにすると、そのまま後回し状態になってしまって手付かずとなる。
日々の運行記録や帳簿付け、それにこのブログもそうだ。

思った時に即行動が吉のようだ。。。

Hits: 1

Avatar photo

投稿者について

ただの道楽者です。。。(^^;)

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。