以前、とある外資系会社への訪問のことを書いたと思うが、今日も前回とは異なるとある外資系会社へ打ち合せに行った。。。

驚くことに、受付フロアのレイアウトが似ている!?
小鳥と熱帯魚こそ居なかったが。。。(笑)

壁には液晶ディスプレイが掛けられ、映像と音楽と音声が流れている。
受付のReception Clerk、つまり受付嬢は、前回の会社と比較してその人数が多い。
キャラクターとしては、前回の会社が大人の雰囲気で、今回の会社が若さをアピールしているように感じた。

ただ、居心地はそれほど良いものでは無かった。
これは、会社の姿勢とコンセプトの違いだろうと直感した。
自分にとっては、前回の会社のほうが好感が持てるのだ。

前回と今回の会社名を明かせば、業界筋の人であればそのニュアンスに頷いてくれると思う。
いずれも米国企業なのだが。。。

今回も自分の職場とのギャップを認識したが、それを羨ましいとは思わなかった。
きっと、会社の姿勢の違いなんだろうと思っている。(^。^;)