やっと、明日が納車だ。。。(^^)v

ここのところ、YouTubeでJimny関係の動画ばかりを観ている。(笑)
クロカン走行のものが殆どだが、その中でも廃道アタック関係がマイブームだ。

面白そうだ!

でも、自分のSIERRAで、これをやる度胸は無い。
擦ったり、削れたり、打ったり、転がったりで、ボディがボコボコになるのは必至だ!?
もしやるのなら、それ専用のJimnyを準備しなきゃと考えてしまうチキン野郎なのだ、自分は。。。(^^;)

また、それ用のJimnyを作り上げるには、豊富なパーツがある軽自動車だろう。
そして、ボコボコになるのだから中古がベストだろうと、軽く自己矛盾が起きてくる。

このような興味や思考を持つことは、Jimnyというクルマの魅力のひとつなんだなと感じ始めた。

ジムニスト。。。

Jimnyに乗る人をそう呼ぶらしい。
 
 
 
でも、この廃道アタック。
ハンターの視点から見ると、大分話しが違ってくる。。。

アタックかけている場所は山中。
以前は道路として使用されていたが、何かしらの原因で放棄された道。
度重なる土砂崩れや雨による流水や土石流により、荒廃したフィールド。
だから、時々アタックしている場所が、枯沢に見えなくも無いところもある。

そんな所を、複数台のクルマでブンブン騒音をまき散らし、排気ガスやオイルの燃える臭いやゴムが焼ける臭いを漂わせ、草木をへし折りや土砂を削りまくる。

そんなことしたら、シカ/イノシシ/ヤマドリ/キジなどが居つかなくなっちゃうよ!?

ハンターからすれば、そこは猟場と思える場所。
否が応でも、自然に対するインパクトを考えてしまう。
だから、何もそんな所(猟場)までクルマで入って行かなくても!と。
 
 
 
自分でも嫌になるぐらいの、立場変われば見方も変わってしまう典型だな。。。(/_ _ )/