夏休みも終わり、通勤時のリムジンバスも平穏な状態に戻った。
朝夕もめっきりと涼しくなり、初秋を感じられる。
そして、ベイブリッジを渡っている時に気がついた。

みなとみらいの風景が変わったな?と。。。

今までは歯抜けのような状態と思っていた光景が、いつの間にかビルが乱立してそれらしい光景になっている。
開発途上の状態ではなく、成熟した街らしくなってきたと。

商業施設や高層マンションが建ち並び、昼間は威風堂々とし、夜は眩いばかりのイルミネーションが良い感じを醸し出している。
それこそ、「ハマには浜を!」が目指す通り、臨港パーク前の海岸が砂浜になったら世界一格好イイ港じゃないかと感じた。

でも、残念なことがひとつだけ。

リフレッシュしたマリンタワーの色彩って、個人的にはあまり好きではない。
周りの風景との調和が無く、ゴミ箱みたいな色になってしまったと思っている。
誰もが描くイメージは、灯台のそれではなかったのだろうか?。。。

とは言え、マリンタワーの「mizumachi bar」。
是非とも、近々一度訪れてみたいBARだと考えているのだが。。。(^^)