多分、三回目ぐらいだと思う。。。

昨晩は、一対一の懇親会。
公にすることがちょっと憚れる類いの情報交換。
有意義な情報交換が出来た。
だけど、またあの発作に襲われた。。。

一回目は、もう十年以上も前のこと。
中華街の萬珍楼で、会社の人たちの食事会の時。
二回目は、数年間。
名古屋出張からの帰りに、ひとりでEscapeというバーで飲んでいた時。
三回目は、昨晩。

酔いが回ったように一瞬クラッとくる。
だけど、それほど酔ってはいないのだ。
むしろ素面に近い状態。
そして、次に全身から冷や汗が吹き出してくる。
だけど、頭のてっぺんから血の気が引くように、サァーッと全身が冷たくなってくる。
汗を大量に噴き出しているのだが、身体全体が冷たくなるのだ。
その後、意識を失いそうになる。
トイレに行こうとしても、全身に力が入らず雲の上を漂うように進むしか出来ない。
必死に歩を進めるのだが、ストンっとその場に倒れ込みそうなってしまう。
絶対に気を失いたく無いので、必死で覚醒しようと意識を張る。

トイレに行っても、吐くことはない。
吐くほど酔ってはいないのだから。
便座に座って深呼吸を繰り返す。
すると若干楽になるような気がして、席に戻る。
そうなった時点で、冷たいお水ばかりを飲むようにする。

そんなことを繰り返していると、だんだんと落ち着いてくるのだ。
こうなると、先方も何となく察知して散会となる。

駅まで一緒に行き、悟られないように駅を抜けてタクシーに飛び乗る。
タクシーの揺れも不快感を増幅させるのだが、電車に乗ることは堪えられない。
そして帰宅し、冷たい水を飲むことと深呼吸を繰り返しダウンする。

何なんだろう、この症状は?
気を失いそうな感じは貧血なのかとも思える。
でも定かではない。。。

そんな状態なのだが、今宵も懇親会がある。
サッサと帰って休息したのだが、それも出来ない。
だから、今日の午前中はノンビリしようと思い、このブログをこの時間に書いている。
気分的には持ち直したが、まだ平常時のそれまでに回復はしていない。

う〜ん、この発作の正体を見極めたいのだが。。。(ーー;)